2月 12 2012

貴重な休日

Published by at 5:24:05 under 医者の生活,妊娠・出産・育児

久しぶりに家族全員完全オフの日だったので(2月は11日のみ!)、私も朝活以外一切仕事や勉強をやめて子どもたちとお出かけをしました。行先をいろいろ考えて、琵琶湖博物館に行ってビワコオオナマズを見に行くことにしました。

湖西道路が混んでいてちょっと時間がかかりましたが、道の駅で休憩して買い物をしたり、琵琶湖を眺めたりしながらのんびり行きました。子どもたちの目から見ると琵琶湖はとても大きくて「海!」に見えるようで、大興奮でした。

琵琶湖博物館ではナマズやフナをデザインした500円硬貨でお釣りをくれるので、これに夫が興奮しておおはしゃぎでした。県ごとにデザインされた500円硬貨を発行しているのだそうです。

ディスカバリールームという子ども向けの部屋で、小さな水槽にいる魚を見たり、浜辺の模型を見たりしました。また、大きなザリガニの模型があって、おなかのところにもぐりこむと、中にはザリガニのハサミを動かすハンドルがついていて、前にぶら下がっている小魚やオタマジャクシをはさむことができるのです。

picture_zarigani1.JPG

こんな感じです。

picturezarigani2.JPG

長い鉗子でものをつかむ感覚?ちょっとlaparoscopicです。

今度は私が興奮して、この部屋で遊びまわった挙句に購入したチケットをなくしてしまいました。

そのあと、水族展示室でオオナマズやフナを見ました。地味で、同じ色調の魚ばかりでしたが、、、、オオナマズはなかなかキュートです。イチモンジタナゴという魚は琵琶湖ではほとんど絶滅しかかっているのですが、なんと我が家のご近所の平安神宮の庭の池に生息しているのだそうです。疏水の水を引いているので、一緒に流されてきたようです。ほかにも平安神宮の池には琵琶湖の生物が結構いるらしいので、また今度見に行ってみようと思います。年末に行ったときにはそういう目で見なかったので気づきませんでした。

館内のレストランで食事をして、売店でお買い物をしたらそこそこいい時間になってきました。館内を全部見ることはできませんでしたが、子どもたちも眠そうなので帰ることにしました。子連れにはなかなかよいスポットでした。

帰宅して、インターネットのニュースを見ていたら高島市の国道161号線で追い越しによる交通事故で母子3人が死亡!というショッキングなニュースを見つけました。私たちはちょうど同じ時間帯に同じ161号線で大津市内を走行中で、他人事ではない感じでショックを受けました。子ども連れの時は安全第一で気をつけよう、と夫と話し合いましたが、妻と子どもたちを自分の運転で亡くしてしまったお父さんの気持ちを考えると心が痛むニュースでした。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す