2月 05 2012

骨盤の解剖

Published by at 5:00:55 under 消化管

昨日、骨盤の解剖の研究会に出席してきました。重要な研究会なので夫が待機当番であったのを無理に後退してもらい、事前に夕食の準備をし、ベビーシッターさんに子どもたちの保育園のお迎えと有職の介助を依頼して、夕方の研究会に備えました。

講師は東京医科歯科大学臨床解剖学教授秋田恵一先生です。

骨盤の筋肉、血管、自律神経の詳細、また男女差、加齢変化について詳細なご講演をいただきました。

他の動物は外側から肛門が見えるのに、ヒトは構造上、外から肛門が見えなくなっている、というお話しに始まり、マウスの胎児の詳細な総排泄孔の観察やオオサンショウウオ(!)など他の動物との比較解剖学などから既存の解剖学の教科書とは異なる知見を得ておられ、大変興味深く拝聴いたしました。肛門(総排泄孔)は基本的に足と足の間に存在し、足の筋肉と密接な関係があるということなのです。

既存の解剖学の教科書は、献体されたご遺体の解剖から得られた結果であるので、高齢者の解剖所見であることが多く、実際にもう少し若いご遺体では所見が違うこともままあるとのこと。まだ、男性と女性では自律神経の密度に差があるというお話でした。女性の自律神経はかなり分散傾向で疎なので、妊娠とか出産というダイナミックな変化に対応するために、男性のようにがちがちに固定されていないのかも、と思いながらうかがっておりました。

詳細は難しくて、一度聞いただけですべてを理解するには至りませんでした。しかし、骨盤底の筋肉は曖昧模糊としており、個人差もあり、男女差も加齢変化もあり、無理に○○筋という名前を付けることに終始するのはよくないのではという示唆をいただきました。

何冊もの本にできるくらいの濃い内容でした。

・・・・・・・・・・・研究会は夜20時30分を過ぎて終了し、懇親会がそのあとにあったのですが私はすぐに帰宅しました。子どもたちの起きている時間に帰らなければならないからです。そそくさと夕食を食べて入浴後、子どもたちに本を読んでやって自分も一緒に就寝しました。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す