1月 25 2012

女性医師VOICEについて

私の研究用HPに女性医師VOICEというコンテンツがありますが、このたび6人目のインタビューをアップすることができました。まだ乳児のお子さんを抱えながら大学病院で教員として研究と臨床に携わっているそうです。私も自ら望んだことではありますが、産後9週目には復帰していたので夜中に何度も授乳で起こされて、くらくらの頭で仕事をしていたなあと思い出しました。しかし、彼女は研究もしっかりやって、大学院生の指導もしているというので、やっぱりものすごく頑張っているなあと感じました。ただ、体調を崩して大変だったときもあるそうで、家事などはもっと手を抜いたほうがよいのに、と思ってしまいました。私も偉そうなことを言える立場ではありませんが、頑張りすぎるとぽっきり心が折れてしまうことがあるように思います。

あと2人分収録してあるので、編集完了後に可及的速やかにアップする予定です。

問題は、科研費が今年度で終了するのでサーバーのお金を出すことができなくなることです。4月以降、うやって運営しようかなあと悩み中です。やっぱり自腹、でしょうか。動画用にストリーミングサーバーも使っているので、動画の管理もどうするかな、と考えています。あまりこういうことに詳しくないので、どうすればよいかよくわかりません。

私の同級生で医者の仕事を全くしていないという女性医師を知らないので、たぶん女性医師が仕事を辞めていくということは今後はあまりないのではないかと思います。細々と続けていくことはできるのだと思います。あとは質的な問題です。私の学年で大学入試でトップ合格したのは女性だったのですが、例えば彼女がどのように生きていくのかについては大変興味があります。もちろん仕事が人生のすべてではないので家庭が円満であれば幸福である、という考え方もあります。しかし、社会的な要因で彼女の優秀な頭脳が日本の医療に貢献できないとすればそれはもったいない話です。ぜひどんどん活躍していただきたいと期待しています。

私自身、2人の女の子の母親として、女性はどのように生きていくべきなのか、努力して勉強するだけではガラスの天井を突き破れないのか、、、、。娘たちにどのように教育しようか、努力すればなんとかなると教えるのか、世の中にはどうにもならないことがあると教えるのか、と自分がどう生きていくかも含めて悩んでいるところです。

2 responses so far

コメント(2) “女性医師VOICEについて”

  1. 王柳蘭on 09 2月 2012 at 14:43:15

    大越香江先生、

     女性医師のVoiceの動画、すべて拝聴させていただきました。
     育児をしつつ、最前線で医師としての仕事にも邁進されている
     先生がたの映像からパワーが伝わってきます。

     私の文系の知人にもHPを紹介させていただきました。
     こうした動きが、分野を問わず、働く男女や
     今後働きながら育児もしたいと思う次世代の人に
     広がればいいなと強く願います。

                      w-liulan 

     

     

  2. adminon 12 2月 2012 at 4:21:40

    コメントありがとうございます。
    私などはまだまだ悩み多く、紆余曲折の途中だと思います。圧倒的にまだ経験不足なので・・・
    今後ともよろしくお願いいたします。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す