1月 08 2012

咳の季節

Published by at 16:15:01 under 医者の生活,研究活動

今年に入って気温が低いせいか、本格的な咳シーズンに入ったような気がします。特に寝入りばなの咳には消耗させられます。

手術前には気管支拡張剤を予防的に吸入して用心します。手術の時の電気メスの煙が咳を誘発することがあるからです。体調が悪い時は止まらなくなります。仕事にも支障をきたすので、早めに対応しなければなりません。

咳の発作にまいってしまい、しばらくご無沙汰していた呼吸器内科を受診してきました。もちろん指示通りに毎日吸入ステロイドを吸入していたのですが、風邪もひかないのに年明けごろから急に乾燥した咳が出るようになってきたのです。いつもは風邪をひいた後に咳が止まらなくなるのに、今回は風邪もひかないのにいきなりの咳なので、もしや喘息が急に悪くなったのではないかと心配になったからです。

勤務時間中に受診するのはどうかとも思いますが、幸いお昼ごろに呼んでもらえました。特別喘息が悪くなっているということではなく、波がある病気なのでこんなものだということでした。ただ、この咳を止めるためにはステロイドを飲むように言われました。プレドニンを1日20mgです。咳が止まるまで最低2日は飲むように言われました。前にも1度飲んだことがありますが劇的に効いて驚いたことがあります。でもステロイドというのはあまり飲みたくない薬です。今回も何とか早く治したいものです。

診察のあと、臨床試験に入っていただけませんかと打診されました。いつもは自分が患者さんに臨床試験に入っていただけませんかとお願いする側ですし、まさに今新しい臨床試験の計画を作成している最中の私なのですが、今回はお願いされる立場になったのです。お断りする理由もないので、了承いたしました。

別室で呼吸器内科の大学院生が親切にいろいろと説明をしてくれました。手渡された説明書には「重症喘息患者におけるステロイド低感受性の機序についての研究」と書いてありました。私は「重症」喘息患者だったのか?と小さな驚きを感じつつ説明を聞きました。患者の側になるとささいなことが気になるものです。

追加の採血などは必要なく、初診時に採取した血液と喀痰のサンプルを利用するので、今回は呼吸機能検査を再検するだけでした。初診時よりも○○と●●の値が改善しているので、ステロイドの効果があるのではないかと説明されました。

ただ、私にとってはステロイド吸入が咳を止める、あるいは予防する効果があるかどこのうかが重要なのであって、呼吸機能の数値の改善にはあまり意味がないように思いました。数値がよくなってもピンときません。咳を何とかしてほしいというのが私の希望です。ステロイド以外によい薬はできないものでしょうか。

ステロイドを飲み始め、咳はかなりましになりました。早くおさまってほしいです。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す