12月 18 2011

女性医師インタビュー:教授版

女性医師インタビューも佳境に入ってきました。厚生科研費も今年度で終了、女性医師に関する質的研究もそろそろ終盤です。

今まで、中堅どころのドクター、すなわち私の同年代のインタビューが続いていましたが、今回は東京の大学で教授をされている先生にわざわざ京都までおこしいただくことができました。臨床における専門は病理、現在は医学教育に携わっておられます。

せっかく遠方からお越しいただいたので、昼食をご一緒しました。とても面白い話をたくさんおうかがいしてたいへん盛り上がったところでインタビューに突入です。

さすがに教授として管理する立場にある方だけあって、私たちの悩んでいるところを突き抜けてしまっているところがさすがだと思いました。強烈なメッセージは「現在の評価基準が上司からの視点しかないが、同僚やco-workerなどからの評価も基準に加えるべきで、特に教育を評価に加える際には学生からの視点も重要である。現在は教育に対する評価が正当に行われていない。」「評価はその人の能力に対してなされるべきであって、長時間働けるということに対して評価されるのは間違っている。」「女性医師は家事をするべきではない。そんな暇があれば仕事をするか子どもと関わる時間にあてるべき。」「医者になって最初の数年は雑用であれ何であれ文句を言わずがむしゃらに働くべき。伸びる時期は医者になって最初の数年しかない。」「自分を鍛えてくれる師匠を選びなさい。」ということです。

明確でもっともな指摘です。

私も若いころ一生懸命働いたつもりだったけれど、もっとできることがあったのではないかと反省しています。もっとも、私もこの質的研究を行う過程でずいぶん認識が変わりましたし、環境整備も自分で進めてきました。とにかく決められた時間に職場に到達するだけでやれやれどっこいしょ、みたいな時期から比べると少しましになりました。自分で買い物に行って夕食の準備をして、子どもたちの送り迎えも自分で行って、と何もかも自分でやろうとすることはやめました。家事はかなりの割合を外注していますし、子どもたちの保育園への送迎をベビーシッターさんなどにお願いすることも多くなりました。

何よりも大事なのは、自分で自分の仕事をある程度コントロールできるポジションにつくための努力を怠らないことかな、と感じました。今回インタビューさせていただいた先生も男性社会でいろいろ苦労しておられるようですが、教授という立場だからできること、言えることもあるのではないかと思ったからです。そして、特に女性の場合、ぼた餅的にそういうポジションがふってくるとは思えませんので、導いてくれる師の存在と背中をポンと押すきっかけ、何らかの戦略が必要なのだと思います。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す