6月 30 2011

猛暑

Published by at 6:12:29 under 未分類

ここ数日の暑さで熱中症になる人が続出し、29日には4人の死亡者が確認されています。京都でも蒸し暑く日中クーラー無しですごすことはまず無理だと思います。

それにしても今年は原発問題で節電が要求されており、クーラーをつけることを我慢しておられる真面目な方も多いのでしょう。様々な施設でもクーラーの設定温度を上げることになっており、今までなら駅やコンビニなどで少し涼んで体を冷やすことができたのに、それもままならぬ状況です。

幸い私は日中家にいることはほとんどありませんので いわゆる電気使用量がピークになる13時から16時頃に自宅で電気を使うことはありません。待機電力くらいです。我が家で一番電気を使っているのはおそらく洗濯乾燥機ですが、これも朝と番に使用するので幸いピークに時間には当たりません。

私にとって電気を使うなと言うのは仕事をやめろというのに等しいです。電力不足は電気を沢山使う産業ではより致命的でしょうし、電気を使って医療器具を動かしている場合、患者さんにとっても生命線になるかもしれません。

幸い、舞鶴火力発電所1号機が7月中に運転再開できる見込みになったので、関西の電力供給は改善しそうです。原発1基分に匹敵するのだそうです。

この我慢大会のような節電は何とかして欲しいと思っています。熱中症の死者を出さないようにしなければなりません。特に高齢者は暑くても暑さを感じにくくなっており、周りの人間が気をかけていないとなかなかクーラーを使いたがらず(クーラーはからだに悪いと思っている人がほんとうに多い)です。節電、節電とばかり言っていると時流に乗って(?)クーラーを適切に使わない可能性があります。

昼間個人宅でクーラーを使うのが電力供給上問題であるというなら、午後の暑い時間帯はどこか涼める場所で集まってこの夏をやり過ごすという手もあります。自治体は公共のスペースををそういう目的に提供してアナウンスすればどうでしょうか。

それでも、京都の府民だよりによると、府庁の昼休みを13時~14時の電力使用ピーク時に設定したり、企業の節電対策により府民の土日勤務者が増える可能性を勘案して、保育園などに土日の受け入れについて協力を要請したりと涙ぐましい節電の努力をしています。

そもそも一企業に過ぎない電力会社の失敗と国の失策のつけを払わされるのはどうにも腹立たしくてなりません。電気の供給がほぼ独占状態なのに、会社が一企業であるというのも変な話です。特に原発は国家の安全保障上の問題にも直結し、電気はライフラインのひとつであり、 かなり公的な物だと思います。原発を導入するのか、しないのか、原発が故障した場合どうするのか、誰が責任をもって考えてきたのでしょうか。恥ずかしながら私は考えていませんでした。でも、このような重要なことは国が責任をもって日本の将来設計をしていくべきでした。

電力会社がガンガンテレビCMを流していたり、雑誌に広告を出していたりしていたことを考えると、かなりの広告費がマスコミに流れていたと思われます。原発に反対したり、代替エネルギーの開発を進めたりする方向に世論は向きにくかったのであろうと思います。太陽エネルギーはその中でも唯一可能性がありそうに報道されていましたが、逆に言えば一番非効率で可能性が低いので報道が許されていたのではないかとうがった見方をしてしまいます。

とりあえずこの夏を無事にやり過ごすための工夫が必要です。私も日中はほとんど家にいないと言いましたが、休日は家にいることもあります。そんなとき、日中はベランダに水をまいた上でクーラーをかけるなどという涙ぐましい努力をしています。ただ、節約の精神は重要でも、それは小手先の問題に過ぎず、根本的な国の電気政策の誤りについてただしていく必要があります。我々の安全で快適な社会のために。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す