9月 30 2008

京都の自転車考 その1

Published by at 23:09:31 under アンチエイジング,救急

一昨年、体脂肪率が徐々に増加しつつあることに気づき、一念発起してダイエットすることにしました。

基本は食生活の改善と運動療法ということで、まず食事は油の摂取を減らし、野菜の割合を増やしました。朝のトーストにたっぷり塗っていたバターとジャムをやめました。今ではトーストには何も塗りません。

次に運動をするにあたり、自転車に乗ることにしました。いわゆるママチャリではありません。自分の体型に合わせてカスタマイズしたロードレーサーです。ビンディングシューズをはいて、足とペダルを固定して走ります。普通の靴だと、足を下向きに下ろすときしか動力になりませんが、ビンディングシューズで足をペダルに固定すると足を上げるときも動力になるので効率よくペダルを回すことができます。

街中でも時速30kmで走れます。もちろんもっとスピードを出すことは可能です。自転車の制限速度は特に法律で定められていないようですが、一応原付なみに30kmが妥当かと思っています。 

自転車は基本的に車道の左側を走ることになっています。路上駐車をしている車は大変邪魔で、それをよけようとして右側に出ようとすると後続車との接触の危険性があります。また、腹立たしいのは車道の右側を走ってくるルール違反の自転車です。私は絶対に道を譲りません。違反をしてきた相手によけさせることにしています。

また、そこそこスピードを出しますので、

ヘルメット着用・・・当然頭を保護します。

手袋着用・・・転倒時の手の保護のためです。職業上、手の外傷は致命的です。

ゴーグル着用・・・紫外線から目を守ります。紫外線をたくさん浴びると白内障などのリスクが上がります。

マスク着用・・・花粉の時期には必ず。普通のガーゼのマスクではなく、フィルターが細かくて花粉を通さない自転車用のマスクです。迷彩柄なのでかなり怪しく見えます。

日焼け止めクリーム塗布・・・紫外線から皮膚を守ります。シミも気になりますし、何より皮膚のアンチエイジングは紫外線防御が基本です。

傘をさして自転車には乗らない・・・雨の日はブレーキのききも悪く、視界も悪いので基本的には乗らないことにしています。それにしても、世の中には傘をさして片手運転をしている人が多いのですが、危険極まりないと思います。特に、日傘をさしている人は許しがたく、そこまでして自転車に乗るべきではないと思います。

イヤホンをしたまま自転車に乗らない・・・耳からも車の近づく音、クラクションなどさまざまな情報を得なければなりません。

健康のために乗るのに怪我をしては意味がありませんので。

ハートレートモニター(心拍計)で心拍数を見ながら、ちょうど有酸素運動になるくらいの心拍数を保ちながら走ると効果的なようです。

そのうち調子に乗って、鞍馬温泉まで行ってみたり、そのまま花背峠を越えてみたり(!)、大津、信楽を越えて伊賀まで行ってみたり、結構乗り回していたら半年で約5~6キロの減量に成功してしまいました。体脂肪計つきの体重計で筋肉量を落とさないように脂肪だけ減量するようにコントロールしました。

2 responses so far

コメント(2) “京都の自転車考 その1”

  1. 『応援力』取次学on 30 9月 2008 at 23:48:27

    トーストに何も塗らないのは、、、

    「う~ん(涙)(^^(笑)」

    おいしくてダイエットにもいい食品が出てくるといいですね。

  2. adminon 01 10月 2008 at 10:54:54

    その分パンの味が良くわかりますのでおいしいパンを食べたらいいんですよ!
    (^^

    それから、砂糖なしのミルクティーも慣れるとおいしいです。牛乳自体の甘みがほんのりとします(ただし、牛乳はメーカーによって味が違いますのでお口に合うものを選んでください)。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す