5月 21 2011

薬草園フィールドワーク

Published by at 23:00:47 under 会の活動,教育,漢方

今日は第7回かもがわ漢方研究会がありました。

最初に口腔心身症に関して京丹後市立久美浜病院 診療部長・歯科口腔外科部長で、京都大学医学部で非常勤講師もされている堀信介先生にご講演いただきました。

舌痛症や味覚異常などの歯科口腔外科領域の心身症が増えているのだそうです。特に、明らかな器質的異常所見がないのに舌が痛いという舌痛症の対応には苦慮することも多く、精神科や心療内科と歯科口腔外科の協力体制が必要なのだそうです。
0412.jpg

全く知らない話で興味深く拝聴しました。柴朴湯、半夏瀉心湯、加味逍遥散などが用いられ、抗鬱剤などとも併用して急性症状を取り除き、抗鬱剤の方を中止して漢方だけで維持していくのが理想だそうです。

私たち消化器外科医が大腸癌治療などの際に患者さんの副作用対策にはステロイドなどいろいろ手を尽くしますが、特に抗癌剤使用時の口腔内違和感や口内炎などについては、十全大補湯や補中益気湯などの補剤、消化器症状などを伴うときは六君子湯や半夏瀉心湯などがおすすめだとうかがいました。

次に、京大薬学部の伊藤先生の案内で、薬学部の薬草園の見学に行きました。何しろ蚊が多いということで蚊取り線香をたくさん持ち歩きました。幸い私はスーツを着ていましたのでひとつも刺されずに済みましたが、若い学生さんで足をむき出しの方がおられてその方が蚊の標的になってくださったようです。

0642.jpg

みんなでぞろぞろと薬草園に入り、先生の解説で葉っぱをちぎって匂いを噛んだり味見をしたりしました。ビンクリスチンの材料というツルニチニチソウはやめときましょうと言われました。苦いのや甘いのやいい匂いのや、いろいろな薬草がありました。

0582.jpg

おなじみの麻黄をみて私も思わず携帯電話で写真をとってみました。栽培は難しくないのですが、国内で栽培するとコストがかかりすぎて、薬価で定められている額ではペイしないだろうということです。

ハウスのベトナム産桂皮もとてもいい匂いがしました。ベトナム産の桂皮は京大の薬草園にしかない(他のところは中国産ばかりだそうです)ので自慢の逸品のようです。

学生さんから、結構大先輩と思われる開業医の先生方(もはやリピーターになってくださっています。ありがとうございます。)まで、総勢20名以上でぞろぞろとやや時間を延長して熱心に見学しました。 ただぼうっと眺めるだけでなく、伊藤先生の緩急つけた解説がポイントです。植物に関しても、その薬効成分についてもたいへんお詳しいので、ポンポンと解説が飛び出してきます。

0652.jpg

薬草園ツアーは季節的な制限もあるのですが(真冬は枯れ草だらけで面白くないそうです)、とても好評のようだったのでいずれ折を見てまたやりたいと思います。

さらに、一般向けにどうアレンジするかも考えていきたいです。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す