4月 26 2011

咳の顛末

Published by at 17:00:08 under 医者の生活

プレドニンを2日間、20mg/day飲みました。咳はほぼ治まりました。 上の子の咳もロイコトリエン受容体拮抗薬や抗ヒスタミン剤やステロイドの吸入やホクナリンテープにより寛解しました。

それでも時々煙や有機溶媒の匂いで咳が出ます。まだ気道過敏性はあるように思います。

呼吸器内科の先生に「しばらく咳が出なかったのでもう出ないかと思っていました」と申し上げたところ、「忘れた頃に出るものです」と言われました。普段からきっちりとステロイドの吸入を継続したほうが良いとのことです。

しかし、ステロイドの切れ味おそるべしです。いろいろ副作用もあるので(特に外科医からするとステロイド投与中の患者さんの手術は創傷治癒遅延のリスクもあり、ハイリスクと考えます)、そうやたらに飲む薬ではありませんが、あの苦しい咳があっさりと軽快したのはちょっと驚きでした。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す