9月 08 2008

京都のタクシー事情

Published by at 23:24:00 under 妊娠・出産・育児,禁煙

今日、仕事に遅れそうだったのでタクシーで行くことにしました。乗った瞬間、「しまった」と思ったのは・・・タバコくさかったことです。残念ながら京都のタクシーは禁煙ではありません。東京、横浜、名古屋など多くの都市でタクシーの全面禁煙化が進む中、京都はだめなのです。運転手さんは親切な人でしたが、タバコくさいのにやられて気分が悪くなってしまいました。

現在MKタクシーだけが全車禁煙です。他社は一部の車両を禁煙車としていますが、大部分が喫煙車です。しかし、朗報があります。都タクシーが9月20日より全車禁煙になるそうです。

都タクシー子育てタクシーというサービスもしています。これは全国子育てタクシー協会の養成講座課程を修了した乗務員が乗務し、妊娠中の人、15歳までの子ども、保護者が利用できます。荷物を持ってくれたり、予約すればベビーシートやチャイルドシートをつけて迎えに来てくれたり、子どもだけで乗せてくれたり(私立小学校への送迎を頼まれることが多いそうです)します。もちろん禁煙車です。料金はメーター料金のみです。

(この子育てタクシー、あまり宣伝されていない割に、お母さんたちの口コミで利用者がどんどん増えているそうです。母親の口コミは強力ですからね)

全面禁煙は無理にしても、禁煙車をもっと増やしてほしいと思います。運転手さん自身の健康にもつながることなので、京都のタクシー会社の社長さんたちには一考していただきたいものです。

8 responses so far

コメント(8) “京都のタクシー事情”

  1. 川手まんon 09 9月 2008 at 0:55:27

    喫煙タクシーはありえないですねーーーー

  2. adminon 09 9月 2008 at 16:33:50

    運転手さんがタバコを吸いながらタクシーを走らせているときもあります。びっくりです。

  3. WEBデザイナー取次学on 09 9月 2008 at 19:17:17

    タバコって服に残るから嫌なんですよね。。。
    体にも悪いし・・・。

    喫煙者、嫌煙者両方の立場があると思いますが、害を被るということを考えると、嫌煙者の意見を大切にして欲しいですね。

  4. adminon 09 9月 2008 at 22:41:44

    髪の毛にも匂いは残りますね~
    今日は禁煙のタクシーの運転手さんが休憩中に車のすぐ横で吸っているのを見てしまいました。よっぽど気をつけないと匂いが残るよ、と思いました。頑張って消臭するんでしょうか。
    匂いが残っているということは有害物質が漂っているということです。特に車内は狭いのでなかなか完全に換気できません。

  5. 久保on 10 9月 2008 at 9:31:33

    「運動をしている人は、風邪をひきにくい。」
    「納豆は身体によい。」
    など、一般の方がいつの間にか信用してしまっているけど、実は根拠がはっきりしない健康フレームワークって結構あるわけですが。。。

    つまり、運動も納豆も本当に健康によいかどうかわからないわけなので、運動も納豆も好きな人がやればよいわけです。

    さて、タバコと病気(肺がん?)の関係は、医学的にはどれくらいの根拠があるんでしょうねえ?

  6. adminon 10 9月 2008 at 23:22:46

    納豆が本当に体によいかどうかと聞かれると、霜降りの牛肉を食べるよりは良いかなあと思います。大豆摂取が乳癌のリスクを下げるという報告はありますね。いわゆるイソフラボン。わざわざサプリでとろうとは思いませんが、昔からの日本食には大豆が良く使われていたわけで、普通に納豆や豆腐、味噌などでとればよいと思います。

    運動も程度によりけりではないでしょうか。抗加齢医学会では推奨しています。

    タバコに関しては、単純に煙と匂いが嫌なもので目の敵にしています。
    少なくとも妊婦には禁忌ですし、赤ちゃんにとっても乳児突然死症候群のリスクファクターになっています。
    この問題の難しいところは、嫌煙権は「周囲の人々が吸わない」ことでしか行使できず、他人任せで自分ひとりではどうにもできないことです。

  7. 個人タクシー運転手on 01 3月 2009 at 7:09:17

    2009/3/1
    京都の法人三社を除くタクシーが禁煙となります。
    全体から見て70%が禁煙車となるのですが
    大手病院でも努力をして欲しいですね

    たとえば、禁煙タクシーしか呼ばないとか、タクシー乗り場に並ばせないとか
    禁煙車にしないと「損」と思わすような対策を望みます。

  8. adminon 01 3月 2009 at 23:27:25

    医師会のメーリングリストではいつも禁煙の話になると病院に呼ぶまたは並ばせるタクシーは禁煙に限るようにしようとそれなりに盛り上がりますが、拘束力はないようです。
    敷地内禁煙なのですから、喫煙可のタクシーが敷地内に入ること自体問題だと私は思います。
    でも、禁煙のタクシーのはずがタバコ臭い時はしばしばあります。運転手が車外で吸って車内に入るとまだ体や服に煙がしみついていてにおいが移るようです。
    私はにおいもかぎたくないんだ!ということで、確かに個人のタクシーで禁煙だとホッとします。でも、走ってくるのを見てもなかなか禁煙車かどうかわかりにくい車が多いんです。禁煙のマークを大きく付けてほしいと思います。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す