12月 26 2010

低温熱傷

Published by at 23:09:11 under 外傷

NHKの番組で着ることができる毛布というのが紹介されていたので、ついAmzonで購入してしまいました。我が家は小さい子どもがいて危ないので石油ファンヒーターやガスストーブなど効率よく暖かくなるものを使用していません。エアコンと部分的な電気マットだけなので、夜、事務作業をしているととても寒いからです。

フリースのガウンのようなもので、腰から下に関しては電気毛布になっているという構造です。

温かいには温かいのですが、これはヘタをすると低温熱傷になると思いました。温度の感覚が落ちている人(高齢者など)には全く勧められません。こまめに姿勢を変えないと臀部の椅子との接触面が熱いです。

どんな暖房器具にも多かれ少なかれ熱傷のリスクはあるので仕方のないことですが、低温熱傷の恐ろしさは本人が熱いと感じなくても生じることと、低温でこんがりと熱が加わっているためか思いのほか深い熱傷(Ⅲ度熱傷)になるところでしょう。いわゆる携帯式の使い捨てカイロの貼るタイプのものでも低温熱傷がときどき起こります。

治療といえば適切なデブリドメン(壊死組織を除去する)をして適切な創傷被覆材を貼付することですが、しばしば追加のデブリドメンを必要とするので患者さんに最初に十分説明しておかないと、ヤブ医者のように思われるリスクがあります。

私は熱傷とか褥創の治療をするのがとか割と好きなので、デブリも全く苦になりません。必要に応じてさくさく切らせていただきます。デブリのコツは出血するちょっと手前でやめるということです。昔は褥創でも出血するまでデブリするように指導された記憶がありますが、入院中ならともかく帰宅後に出血を見れば患者さんはやはりいい気持ちがしません。入院中であっても、以前褥創のデブリをしていて、予想外の動脈性出血をきたし刺通結紮や電気メスでの焼灼を要したことがあります。

少々残った壊死組織程度であれば自己融解します。(もちろん、必要に応じて電気メスなどの準備をしてでも積極的にデブリを行うこともあります。 )

適切な湿潤療法を行えばかなり広範囲の熱傷でも植皮が必要になることはほとんどないと思います。ただ、熱傷に治癒に際しては深さが重要で、Ⅱ度熱傷では毛根から上皮再生が始まるために早期に治癒しますが、Ⅲ度熱傷では毛根が残っていないので肉芽収縮と周囲の皮膚からの皮膚再生しか治癒が得られないのです。

電気毛布も、貼るタイプの携帯式カイロも、着る毛布も、手軽で温かい便利な暖房器具ではありますが、低温熱傷には皆様十分にお気をつけください。私も自分のおしりの処置はできないので、温度管理に十分気をつけて着る毛布を活用して夜間の活動を行うことにします。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す