8月 29 2008

福島県立大野病院事件続報 「控訴断念」

Published by at 23:51:05 under 医療過誤とは

本日(8月29日)夕方、福島地検は、8月20日に無罪判決が出た福島県立大野病院事件で、「控訴しないことを決めた」と発表しました。控訴できるわけがありません。癒着胎盤の症例はもともとごくまれで、胎盤剥離を中断して子宮摘出に踏み切れば究明できるという症例を提示できないのですから。

(控訴断念が発表されたので発言しやすくなりました)

「周産期医療の崩壊をくい止める会では8月28日、6873人分〔医療従事者5302人(うち医師3875人看護師331人)、非医療従事者1571人〕の署名を、法務大臣や最高検察庁、福島地検宛てで提出したとのことです。こういう声も一助となって控訴断念につながったのでしょう。
そもそも最初に加藤医師が逮捕、拘留、起訴されたときのマスコミの報道の仕方は医師に批判的であったように記憶しています。警察がわざととらせたとしか思えないような加藤医師が服をかぶって連行される映像をマスコミも何度も流しました。凶悪犯罪の犯人ではないし、その時点ではまだ業務上過失致死と医師法違反の「疑い」でしかなかったのに。加藤医師を貶めようとする意図が見えました。

しかし、普段はおとなしくて反体制的な行動をあまり起こさないドクターたちがこのときばかりは勤務先や科を超えて立ち上がりました。あの衝撃的な映像がドクターたちを震撼させました。いつの日か自分もあんな目にあうのか?必死に治療しても結果が悪ければ逮捕されるのか?

加藤医師を支援する会を立ち上げ、署名やカンパを集めたり活動内容をメーリングリストで報告しあうような体制ができあがりました。各種の学会も声明を出し、加藤医師の逮捕・起訴は日本の医療を衰退させると主張しました。実際、もともと減少していた産科医はさらに減少し、お産を扱わない婦人科や検診業務などに仕事をシフトするドクターも続出したと聞いています。もともと肉体的・精神的に疲弊していたドクターに最後の一撃を与えた事件でした。

マスコミにしょっちゅうたたかれてもおとなしかったドクターたちが今回は思いのほか結束してこの事件に立ち向かったこともあり、マスコミも論調を変え、今回の判決の直前には加藤医師の無罪は当然であるというようなコメントがほとんどでした。この世論の動向を見て、検察も控訴を断念したと思われます。

無罪を勝ち取ることができて本当に良かったと思いますが、この事件は冤罪ではないでしょうか。加藤医師には2年半お疲れ様でしたと申し上げたいと思います。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す