12月 08 2010

ランチタイムカンファランス報告

本日、京大病院臨床研修センターで「ランチタイムカンファランス~女性医師のキャリアプランを考える~」を開催しました。この企画は元々秋田大学で行われたイベントの話を聞いて、私が京大病院でもやってみたいと臨床研修センターに企画を持ち込んだものです。

医学部生、大学院生、病院勤務の医員・助教など合計22名が参加してなかなか盛況な会になりました。当NPO法人もお菓子の差し入れをしました。

最初はなかなか人が集まらないだろうし、何か話題提供でもしようと私が15分くらいのプレゼンをしました。改正男女雇用機会均等法や改正育児・介護休業法について少し紹介し、京大病院で実施した2回のアンケート調査の報告などをしました。

また、全く私見ですが、最初の5年が重要なので、この時期は仕事に専念したほうがよいだろうと、できればこの時期の妊娠は避けたほうが良いのではないかということもあえて言い添えておきました。少なくとも男性とは違った戦略を持つべきで、そのへんが伝わっていればいいのですが。


そうこうするうちに人が集まり、残りの時間は3つのグループに分かれて意見交換をしました。医学生やこれから研修を始めるというような人にはまだイメージがつかめないようでしたが、先輩女性医師がどのようなところに悩んでいるか、挫折や壁などについて雰囲気は分かってもらえたのではないかと思います。育児と仕事の両立に日々悩む先輩医師たちも、意見交換できました。

0282.jpg

(研修医がシミュレーターなどを使ってトレーニングするための部屋なので、シミュレーション用の人形が 何体か置かれています。壁側のベッドに寝ているのも人形です。ちょっと変な光景ですが。)

12時から13時までの予定でしたが、どのグループもかなり盛り上がった会になりました。女性はおしゃべりだとよく言われますが、ほとんど初対面でアルコールもなしにもかかわらず、かなり盛り上がっていました。このコミュニケーション能力の高さは必ずや臨床でも生かされるものと思います。

残念に思うのは、各診療科があまり協力的ではなかったということです。先輩女性医師の派遣を各診療科に文書で依頼したのですが、私が直接教授秘書室に行ってお願いするなど個人的に依頼した診療科以外からは来ていただけませんでした。ひとつひとつ実績を積み上げてお願いしていくしかないのかな、と思っています。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す