10月 20 2010

インフルエンザワクチン

Published by at 14:38:45 under 感染対策

今日は何気なくインフルエンザワクチンを打ってみました。 何気なく、というのは今朝まで別にそんな気もなかったのですが、外勤先の病院でインフルエンザワクチン接種が始まっていたのでこの機会に打ってもらうことにしたからです。

今季のインフルエンザワクチンはは新型インフルエンザ株を含めた3価ワクチン(A新型、A香港、B型)です。

自分で注射してもいいのですが、せっかくなので看護師さんにサクっと注射してもらいました。早業で全然痛くなかったです。なんとなくだるい感じがしますが気のせいかもしれません。

来月大事な行事が目白押しなので、インフルエンザにかかるわけにはいきません。消化器外科専門医試験で東京に行かなければなりませんし、メディカルカフェもかもがわ漢方研究会もあります。ほかにもいろいろ・・・

子どもたちも接種させたいのですが、上の子は風邪で湿性咳嗽があるのでしばらくやめておいたほうがよさそうですし、下の子は今月ポリオの生ワクチンを飲んだので4週間は予防接種できません。

子どもは2回接種しなければならないので本当は早めに接種しておきたかったのですが・・・なかなかタイミングが難しいものです。

そういえば今年はあまりインフルエンザの話を聞きませんね。去年の今頃は結構インフルエンザが流行って大変でしたよね。ワクチンが足りなくてどうとかこうとか言っていましたよね。接種の優先順位もありましたよね。

結局最後はワクチンがかなり余ったのですが、こういうワクチン行政ってやっぱりうまく機能していないように思います。今年のインフルエンザやワクチンはどうなるんでしょうね。どれくらい流行するのか?ワクチンはどれくらい準備されていてどれくらい接種されてどれくらい余るのか。言い古された表現ですが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」感じがしてなりません。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す