9月 29 2010

胃腸かぜ(感染性胃腸炎)

Published by at 21:29:41 under 医者の生活,感染対策,消化管

先々週末からあった心窩部痛に加え、今週は胃もたれ、食思不振、軽度の嘔気をきたし、これは悪い病気なのではないかという考えがちらりと頭をよぎりました。特に昨日は朝からほとんど何も食べることができず、ひたすら水分摂取に徹しました。全身の倦怠感と眠気、下腿の筋肉痛は「胃腸炎」が全身に影響をおよぼしているようでなんとなく重篤感がありました。

うちの家族が少しずつ時間差をおいて同様の症状をきたしているところを見ると、どうも感染性胃腸炎の可能性が高いのではないかと現在は考えています。ただ、先々週末からの心窩部痛というのは説明できないので、友人のドクターに胃カメラを勧められています。

嘔気のある時は時間をあけて少しずつ水分を取り、大丈夫そうなら少しずつ消化の良いものを食べて様子をみるのが良いと思っています。無理に物を食べる必要はなく、胃腸を休めて水分摂取を心がけるべきです。

今日の午後くらいから私の症状は改善し、少なくとも嘔気はなくなりました。食欲はまだありませんので少しずつうどんや雑炊などを食べています。季節の変わり目で体も弱っているのかもしれません。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す