5月 28 2008

京都市の子育て支援

Published by at 13:37:46 under 妊娠・出産・育児,少子高齢社会

何気なくポストに入っていたきょうと市民新聞をぱらぱらと見ていたら、妊婦健康診査公費負担の拡充(1回→5回)とありました。

「これは」と思い、いつからこの制度が始まるのか担当部署に問い合わせたところまだ本当に実施されると確定したわけではなく、6月5日の審議で決定すればなるべく早く実施したいとのことでした。今妊娠中の方にとっては気になるところですね。

京都市の妊婦健診の助成回数は、実は今まで全国の政令指定都市の中でも最低の1回だったのです。厚生労働省としては去年1月の時点で公費による助成回数は5回程度に増やすことが望ましいとという見解を通知しています。ところが、8月の時点では、全国平均で2.8回でした。公費助成は市町村単位で行われているため、その自治体の財政状態や熱意などによって格差があります。10回以上、すなわち全ての健診で助成が受けられるところもあります。1回の助成で5千円から6千円の助成金が出ることが多いようですが、「無料券」をもらえるところもあるそうです。生まれる前から格差社会です。ちなみに京都市は現時点では妊娠期間中に1回だけ6千円くらいの助成を受けられるという助成システムです。

07年度の国の予算編成では妊婦健診助成のための財源として、妊婦健診の助成を含む少子化対策に充てる地方交付税の配分額が700億円に倍増(06年は330億円)されました。このお金をきちんと少子化対策に使わずに他の事に使ってしまっている自治体もあるとか。まあどこも財政難なのでしょうが・・・

妊婦健診は、妊娠初期から妊娠23週までが4週間に1度、24週から35週までが2週間に1度、36週から分娩までは1週間に1度の健診を受けるのが基本です。だいたい妊娠期間中に13回から15回くらい受けることになるでしょうか。

1回の健診の支払いは5千円から1万円くらいで、感染症やら高い検査をうけると2万円を超えるときもあります。結構お高いと思います。健康保険が使えませんから助成がなければ全額自己負担です。

後期高齢者の保険料が問題になっていますが、妊婦健診のこの高額負担はあまり問題になりません。胎児は選挙権がないからでしょう。妊婦はしんどいのでデモをしたり陳情をしたりする気力も体力もありません。また、後期高齢者よりはるかに数も少ないのです。政治家が気をつかうような相手ではありません。

現在、そして今後しばらくの間社会福祉を支えていくのは団塊の世代ジュニアを中心とした現役世代です。30年くらいは何とかなるのかもしれません。そして、いよいよ団塊の世代ジュニアが引退したら今度は誰がいったい面倒を見てくれるんでしょうね。今の生活のことも大事ですが、30年後50年後を見据えて社会のシステムを構築していかなければならないと思います。

2 responses so far

コメント(2) “京都市の子育て支援”

  1. まさみon 14 3月 2009 at 10:43:52

    はじめまして 上京に住む妊娠4ヶ月の派遣社員です。
    先日 保健所に行って、母子手帳をもらってきました。
    妊婦検診の助成は、4月から年5回から14回に移行するらしいので
    喜んでいます。
    しかし、基本的に 妊娠してからの手続きってとても分かりにくいです。

    現在、初回の診察料が還付されるかどうかで 悩んでいます。

    なぜなら、初回の診察後に、妊娠届を産院で受け取り、
    母子手帳をもらいに保健所に行くので、助成のチケットが
    使えるのは、2回目以降になっていしまうのです、、

    妊婦検診の助成は、京都では母子手帳に付加されているチケット制に
    なっているので 母子手帳を手元にもらってからでないと 助成を受けられ
    ません(後に返金してくれる産院もあるらしいですが・・・)

    しかも、私は2回目の診察以降に、妊娠届をもらったので。。。
    保健所に行って、妊婦検診の助成について説明を聞いたのは
    診察料や検査代25000円を支払った後でした。

    助成の援助が大きくアップしたのは大変ありがたいです。
    しかし、初めての妊娠で、知らないことだらけですし
    実母も遠方にいますし、相談もしにくく
    医療制度も変化していっているので 地域に根ざしたオープンな
    情報や意見交換をもっと、市のホームページで公表して欲しいな
    と感じます。

    上記のご意見ですが、やはり 妊婦さんは
    身体がしんどくてだるかったりするので、こういう制度の充実に
    声をあげるなんて とてもエネルギーが必要で無理ですね、
    本当に、行政全体で とりくむお話だと思います。

    妊婦検診についてお話していたのですが、
    今の自分の気持ちをかきつづってしましました。
    医療に携わっていらっしゃる女性のお医者さま とのことでしたので
    ぜひ 何か女性の生活に関わる分野で 女性の暮らしを良くしてください!
    最後までお読み頂きありがとうございました、失礼致します。 木村

  2. adminon 14 3月 2009 at 22:57:57

    木村様
    まずはお体を大事になさってください。お一人目でしょうか?
    初回の診察25000円はかなり高額ですね。採血とかいろいろ検査項目があったのかな?
    去年7月から1回→5回に助成回数が増えましたが、1回1回の健診が「無料」になるわけではありません。いくばくか安くなるだけです。トータルでは結構かかりますよ。
    それと、結構みんな不満には思ってはいても行政にいちいち声を上げないのもよろしくないのです。とりあえず窓口で文句を言ってもいいし、電話で文句を言ってもいいと思います。無理難題をふっかけるのでなければ、多少の苦情はどんどんいうべきだと思います。そうしないと、お役所の人は仕事がやりやすいようにしか仕事を進めないからです。
    子どもが生まれてからも、「お役所仕事」に腹を立てることも多々あると思いますよ。1回1回は大したことはないようでも、積み重なると結構面倒なことが多いです。みんなで声をあげて少しずつサービスを改善させましょう!

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す