12月 06 2009

医師の勤務について

Published by at 11:50:30 under ワークライフバランス

先月13日に私の記事が京都新聞に掲載されたのを紹介するのを忘れていました。

img001-31.jpg

女性医師支援の話題とこの「京都の医療を考える若手医師の会」について軽く触れた内容で、という依頼だったのでこんな感じにおさまりました。

私自身は恵まれた環境で仕事をさせてもらっていると思うのですが、それでも時間に追い立てられるように働き、落ち着いて物を考える暇がありません。
ミスや指示漏れがないようにするのが精いっぱいで新たに勉強をしようとかトレーニングを積むという臨床医としての向上の機会を確保できずにいます。守りの状態です。

日進月歩の業界でこれではまずいです。
医師の仕事が多すぎると、ミスが増えますし、医師技術・知識の向上すなわち医療の質の向上の機会も得られないということです。女性医師だけの問題ではありません。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す