12月 03 2009

第3回かもがわ漢方研究会の開催について

Published by at 15:41:55 under 会の活動,未分類,漢方

本日、次回のかもがわ漢方研究会についてツムラの担当者と話をしてきました。例の事業仕分けで漢方薬が保険から外れるかもしれないという事態を受けて、どうなるのか少々心配ですね、と話しつつも我々は前に進まなければなりません。

実は京大病院では漢方薬を全く院内採用していません。処方するためにはそのための書類を書かなければならず、多忙な医師にとってその手間は高いハードルになっています。

慶応大学では大腸癌の術後クリニカルパスで大建中湯が入っているので、ルーチンで処方されています。在院日数を短縮できるので医療費削減につながるといわれ、漢方の保険はずしはその流れに逆行するものです。

ところで、今度は2月か3月ごろに次回かもがわ漢方研究会を開催することになりました。科を限定せずに、広くいろいろな科の医師に参加してもらってディスカッションしつつ漢方の輪を広げていこうという趣旨です。

よろしくお願いします。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す