7月 31 2009

乳癌検診無料受診券配布

Published by at 9:03:09 under 乳癌検診

京都市は子宮頸癌・乳癌検診に関する支援として下記の事業を実施します。

(1)子宮頸癌・乳癌検診の無料受診券の配布

平成20年4月1日~21年3月31日に以下の年齢になった京都市内在住者対象に、市の癌検診で利用できる受診券を郵送します。

【子宮頸癌】20・25・30・35・40歳

【乳癌検診】40・45・50・55・60歳

(2)乳癌検診の実施機関の拡大

東山保健所と巡回検診車で実施していた乳癌検診が10月1日より指定の医療機関で受診可能になります。

(1)については、厚生労働省のHPによれば、
国の平成21年度補正予算において、未来への投資につながる子育て支援の一環として、一定年齢の方を対象に、女性特有のがん検診(子宮がん検診、乳がん検診)の「がん検診無料クーポン」と、がんについてわかりやすく解説した「検診手帳」が配布されることになりました。
ということなので、京都市独自の事業ではないのですが・・・

(それにしても子育て支援の一環として子宮癌検診と乳癌検診の無料券がもらえるというのがちょっとよくわかりません)

さて、楽しみなのはこの無料券を利用して何割くらいの人が受診するかということです。

無料になると受診率はどれくらい増えるのかたいへん興味深いです。さらに京都市においては集団検診に加えて個別検診が始まるわけで、自分の都合の良い時に都合のよい医療機関で乳癌検診を受診できることになります。

さらに楽しみなのは、平成21年度の補正予算でこの事業が行われるのですから、22年度以降はどうなるのだろうということです。

こうなると職域検診の位置づけは難しくなりますね。いつもは職域検診を受診している人も、この無料券をもらったら市の検診を受けるのでしょうか。

・・・・実は私のもとにも子宮頸癌検診の無料券が届きました。指定の医療機関で受診できるようです。

私の受診行動がどうなるか、といえば・・

今年はすでに受診してしまっていたので、年が明けて時間があれば受診しようかな、という感じです。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す