7月 16 2009

祇園祭とインフルエンザ

Published by at 9:24:15 under 京の行事,感染対策

京都は祇園祭です。今日は16日で宵山、あす17日は山鉾巡行と多くの人出でにぎわうでしょう。

さて、京都市の新型インフルエンザは昨日時点で43例目が確認され、京都府全体では100例を超えました。

今後は発熱外来受診ではなく、直接かかりつけなどの医療機関に電話した上で受診できることになります。
発熱患者が受診を待つ場所を仕切りで分けたり、診療時間を別に設定したりするることで一般患者との接触を減らすような対応をしていくことになるそうです。

疫病退散を願う御霊会に始まった祇園祭ですが、新型インフルエンザのほうはなかなか退散してくれないようです。季節性インフルエンザのほうは夏の暑さとともに(?)発生しなくなってきたようですが、新型インフルエンザは静かに着々と増えています。

爆発的に増加しないので逆に不気味です。
今のところ死亡例が出ていないのでマスコミも静かですが、一例でも国内死亡症例が出ればまた大騒ぎになるのではないでしょうか。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す