4月 30 2009

新型インフルエンザ

Published by at 16:50:13 under 感染対策

豚インフルエンザは新型インフルエンザと呼称が変わり、WHOの警戒レベルも「5」に引き上げられました。

現時点で、日本国内では感染者は確認されていません。

医者といえどもインフルエンザにかかる可能性はあります。むしろ様々な患者さんが出入りする病院で勤務しているので、一般の方々よりリスクが高いかもしれません。

医療従事者者が感染すれば仕事を休まなければなりません。残りの少ない人数で多くの患者さんを診なければならないことになります。

今のところ毒性はそう強くないということですが、それでもヒトからヒトへ感染していくことでウィルスが強くなっていく可能性もあります。また、もともと免疫機能が弱い老人や子ども、基礎疾患のある人、あるいは薬が使いづらい赤ちゃんや妊婦などにはなかなか厳しいことになりそうです。

手洗い、マスク、うがいを励行するくらいしか対策はありませんね。ゴールデンウィークですが、家でおとなしくしているのがよさそうです。

3 responses so far

コメント(3) “新型インフルエンザ”

  1. 久保on 01 5月 2009 at 13:21:52

    もし、強力な新型インフルエンザが上陸した場合でも、ライフラインは保証されています。こういうことも報道されるべきですね。

    うちでは、米を余分に備蓄しています。最高でも、2ヶ月間自宅待機ができれば、何とかなります。

  2. adminon 01 5月 2009 at 23:04:47

    我が家では水痘が発生してしまったので幸か不幸かゴールデンウィーク中は自宅待機ということになりました。
    京大関係者も海外渡航自粛のお触れが回ってきました。
    メキシコでも1日から5日間の大型連休ですが、大統領が外出の自粛を求めています。日本はGW中、行楽に出かける人が多いようですがどうなることやら。

  3. zionon 01 5月 2009 at 23:49:47

    たいへんなことになってきましたね。
    タミフルを手に入れるのも難しくなってくるみたいですね。
    食糧も備蓄しようと思います。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す