3月 11 2009

東大と京大

Published by at 13:06:44 under 京都大学

昨日、京都大学でも合格発表がありました。若い人たちの輝かしい未来がうらやましくもあります。

京都大学出身者として敢えて言えば、京大の存在価値ってなんでしょうね?

しばしば東大・京大と並び称されることがありますが、私の感覚では京大の地位は年々沈下しつつあるように思います。

東京大学は、日本の首都にあるのですから、権力の中枢に近く、大学も、学生自身も社会的に意識が高く活動的であると感じています。

私が大学生であった〇〇年前も、今も、そもそも京大生はあまり勉強しません。大学に入るためにかなりのエネルギーを消耗し、その反動からか学生時代には、どの講義が単位が楽に取れるかという基準で講義を選択します。

単位を取りやすいという講師の最初の講義に数百人という学生が殺到し、抽選などで登録がすむと日々の講義は出席者数人などという英語の講義もありました。「勉強をするだけ損」「講義に出る時間がもったいない」そんな風潮でした。

だから、去年の11月祭でも 「単位より大切ななにかを求めて」などというなさけない統一テーマを選んだりするのです。

今から思えばもったいない話です。確かに退屈な講義もたくさんあるのは事実ですが、面白い話もありました。学生の時間のある時にしか「興味本位に」講義を聞く機会はなかなかないということにずっとずっと後になってからしか気づかないのです。

私は外科医として5年間働いた後、医学研究科の大学院生になってから、本来必要のない学部1回・2回生向けの国際政治の講義を聴きにいってレポートまで書きました。医者の仕事には全く関係ない内容でも社会人の教養として興味深いものだったと思います。

昨年5月、東京大学医学部4回生の主催で医療崩壊に関するシンポジウムが開催されました。5月祭という大学祭の一環だそうです。なかなかパネリストもそうそうたるメンバーです。ひるがえって、京大の医学部生は11月祭にいったい何をしたか?

何もしませんでした、と言わざるを得ないでしょう。

本を読む、(退屈でも)講義に出て新しい知識を求める、単位はきっちり取得する、先輩の話を聞く(ここでいう先輩とは1、2年上のいいかげんなことを吹き込む先輩ではなく、社会に出て活動している人のこと)、 自分たちが社会からどのように見られているか、どのような行動を期待されているかを考えて行動する・・・

自分の反省も込めて、ですがこれからの京大生に期待します。

4 responses so far

コメント(4) “東大と京大”

  1. 久保on 11 3月 2009 at 22:30:39

    京大生が、自由の履き違えで、損をしないように、意識改革が必要です。

  2. adminon 11 3月 2009 at 23:19:32

    もしかすると入学時点では志が高い学生が、周囲の負のささやきに負けて堕落していくのかもしれません。
    モチベーションを維持させるにはどうすればよいのでしょうね?

  3. うにon 14 3月 2009 at 13:28:31

    はじめて書き込みをします。
    僕の知り合いにも元京大生がいますが、入学当時は期待に胸を膨らませながら授業を受けていそうです。
    しかし、そのうち講義も退屈になってだらけてくる学生も出てきました。そこに講師から質問が出されたんですが、誰も答えようとしなかったそうです。まあ、だらけてるんですから、当然でしょうね。。。
    でも、その講師がとった行動は、「答えたものには単位をやる」という発言でした。
    かなり幻滅したそうです。最低な発言をした講師もそうですが、その発言を聞いた瞬間に学生が一斉に手を上げたことの方がショックだったそうです。
    結局、その学生は3回生まで頑張りましたが、辞めてしまいました。
    なんか、悲しいですよね。周りが頑張ろうとしている学生の意欲まで奪ってしまうのは。。。

    あ、でも、その学生は今では別の大学に行って再び頑張っていますよ☆

  4. adminon 14 3月 2009 at 22:45:11

    どの世界の人も物も玉石混交だと思います。
    ほとんどが大したことのない人間であり、しょうもないものばかりなのですが、その中にも興味深い人(こと)、学ぶべき人(こと)が混じっているのだと思います。
    一人の人間・一つの科目の中にもしょうもないことと重要なことが同時に存在していることさえあります。

    はっきり言って講義もつまらないものは多いです。
    単位を取るために受けざるを得ないというだけの講義もありますが、「これは面白い」という講義や先生との出会いを求めて探索するのが学生の良い態度だと思います。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す