11月 27 2008

岡山大学病院キャリアセンター見学

現在調査研究を進めている「京都大学における男女共同参画に資する調査研究-京都大学医学部附属病院において期待される女性医師支援」の一環として、本日岡山大学病院キャリアセンターを訪問してきました。

センター代表の片岡先生が出迎えてくださり、いろいろと概要を説明してくださいました。
センターは先生と、事務方のスタッフ4人で構成されています。

平成19年度文部科学省医療人GP採択「女性を生かすキャリア支援計画」として採択されたもので、女性医師の離職防止・復職支援を柱に活動されています。

平成15年度以降卒業生の3割が女性になったということで女性医師に対する対策が重要課題になってきたということです(それでも助教以上のポジションにある女性医師はまだ5%くらいなのだそうです)。

こちらのセンターではMUSCUTという愛称(?)で様々な活動をされていますが、特に実技の再トレーニング(スキルアップ)とポジションを作ることに力を入れているということでした。
また、mixiのような会員限定のネットワークを作成し、相談できる先輩(メンターのようなものでしょうか)や復職支援プログラムの紹介、さまざまな掲示板による情報交換などをされています。55人が参加されているというお話でしたが、今後もっと増えそうです。
ただ、メーリングリストよりは自分でログインして覗きに行かなければならないので若干能動的でなければ参加しにくいかもしれないとおっしゃっていました。われわれは予算もありませんし、まずはメーリングリストくらいから始めるのが良いかも知れないと思いました。

ポジション(ポスト)を作るということでは、従来の医員枠に加えて「支援枠」を定員なしで設け、これは育児中などの事情のあるドクターが時短・週4日未満(従来医員は4日以上勤務することになっていた)でも勤務できるようになったということです。それまでは有給で柔軟に働くことは非常に困難だったこともあり、多くの女性医師がその枠を利用して復職しています。

また、岡山県医師会や病院部会と協力し、復職支援プログラムに協力してくれる医療機関に登録証を渡しておられます。そして登録された医療機関はHPでも紹介されています。

いろいろなことを同時並行で活動されていて、片岡先生をはじめ、スタッフの方々の気合が感じられました。

また、院内保育所も見学に行きました。病院の敷地内にあり、現在63人の子どもたちがいます。

もともとは30年くらい前にできた看護師さん向けの施設だったようですが、現在は医師4割、看護師4割、そのほか事務職など2割くらいの割合で利用されているとうかがいました。院内保育所の割にはかなり規模が大きなほうではないでしょうか。


おうかがいした時間はちょうど子どもたちのお昼寝の時間で、部屋を見せていただいたのですが、みんなでそろって寝ている姿は壮観でした。産休明けから就学前まで預かってくれるそうです。院内保育で就学前まで見てくれるところはあまりないと思います。

ゼロ歳児の部屋ものぞいてきました。さすがにゼロ歳児は決まった時間にお昼寝をするわけではないので何人かは起きて遊んだりスタッフに抱かれたりしていました。

現時点では利用者の支払う保育料で運営されており、赤字分を病院が補てんしていたのですが、来年からは大学から予算が下りるようになったので少し状況が良くなるかもしれないということです。保育園の保育士さんの身分が現状ではなんと事務補佐員としてしかお給料が出ていないということで、待遇がかなり厳しいとのこと。それでも少ない人数でかなり頑張っておられるのです(医師不足問題と共通するものがあるようにも思います)。来年度から、大学自体の福利厚生施設となる動きも出てきており、保育士さんの身分など待遇改善についても再検討をお願いしていくそうです。

それでも院内に、つまり本当に身近なところに子どもがいるというのは気持ち的にはとても支えになるはずで、授乳に通うのでも院外に出ていくよりはPHSなどもつながるところで精神的にはとても楽だと思います。子どもにしても母親がちょっとでも顔を見せてくれると安心するのだと保育園の先生もおっしゃっていました。

保育園の見学の後、コアメンバーの一人で産婦人科の関先生が産婦人科の医局員を対象に行ったアンケート調査の概要を説明してくださり、さらに片岡先生とおふたりで私の質問に答えてくださいました。最近の若い先生の中には両立できないからとあっさり辞めてしまう人がときどきいるけれども、どんなに頑張ってもしんどい時期はあり、それを乗り越えなければならないし、また一方で支援されるのを当然と考えすぎるのも良くないというご意見もいただきました。

また、院内の女性医師を対象に行ったアンケート内容などを教えていただくなど、今後のわれわれの調査研究のために大変参考になりました。


 ありがとうございました。

2 responses so far

コメント(2) “岡山大学病院キャリアセンター見学”

  1. EXILEon 28 11月 2008 at 12:44:29

    お疲れ様でした。岡山はほぼ地元(というわけではないですが)なので行きたかったのですが・・・
    岡山も候補にあがっていた去年の今頃が懐かしい。

  2. adminon 28 11月 2008 at 22:07:51

    いろいろ話に花が咲いて楽しゅうございました。
    岡山意外と近かったです。京都からのぞみで1時間ちょっとでした。

Trackback URI | Comments RSS

コメントを残す