Archive for 10月, 2011

10月 16 2011

メディカルカフェ@町家の類似イベント

Published by under 会の活動

昨日うちに配布されていた左京ボイス(左京区の新聞です)に、今年の「大学と地域の相互交流促進事業」の紹介があったのですが、「ミュージック・リハビリテーション・カフェ@町家」とあってびっくりです。

去年、我々が行った「メディカルカフェ@町家」とネーミングとコンセプトが酷似していて、大変気分が悪いです。
真似をした団体に対してもそうですが、同じ事業にここまでネーミングとコンセプトが類似したイベントを採用する左京区の感覚ってよくわかりません。

あんまりだと思ったので左京区の担当者に電話で抗議しました。 ネーミングとコンセプトが酷似していることについてどう考えているのかと聞くと、「はあ、そうですね」といった返答でまったく問題意識がないようです。

真似をするにしても、去年の今年と間隔も短く、同じ左京区内という狭い領域でのイベントであり、何の断りもなく、あまりにひどいのではないかと早急な対応を求めましたが未だに返事がありません。

イベントにどのような名前をつけようと、かぶってしまうことはあるでしょう(メディカルカフェが完全なオリジナルであるとは私も申しません)し、どのようなイベントを考えようとコンセプトがかぶってしまうこともあるでしょう(町家でイベントをするというのもよくある話です)が、ここまでのパクリで同じ左京区の助成事業に応募してくる団体の神経は理解に苦しみます。京都大学に所属する人たちの団体らしいですが、知的財産権とかそういうのを無視した話だと思います。

不正競争防止法上の周知表示混同惹起行為 に当たる可能性もあると左京区の担当者には伝えてあります。本当に周知表示混同惹起行為にあたるのかどうかといった法的な判断は私にはできませんが、まあ少なくとも倫理的にはまずいでしょう。

彼らは1回の会費が1000円で10人集めて6回イベントをするそうですから 6万円の収入を得ることになります。たいした商行為ではないでしょうけど左京区からいくばくかの助成金を得るわけです。

私も左京区民ですがそんなことは許しがたいと担当者にははっきり申し上げました。左京区の対応待ちです。

No responses yet

10月 10 2011

夏休み

遅めの夏休みに小浜島に行ってきました。私はもともとダイバーで、沖縄の離島巡りが大好きだったのですが、第一子妊娠後はもちろん遠出が出来ず、年子で出産した第二子が2歳になったのでこのような大冒険を試みました。

自宅から京都駅までタクシーで、京都駅から関西空港まで特急はるかに乗って、関西空港から石垣空港までJTAの直行便に乗って、 石垣空港からフェリーターミナルまでタクシーに乗って、石垣港から小浜港まで高速船で、港からホテルまでは送迎バスで、、、、まあそれなりに遠い道のりでした。

独身の時は全く平気だったのですが、子ども連れだととても大変です。荷物は先に宅配で送っておいて最低限にしておいたはずですが、それでも子どもたちふたりというのが最大の「手荷物」でした。おとなしくしているはずもなく、、、、周りの皆さん、すみませんでした。。。

小浜島でマングローブの近くを歩いていて、鳥が食べたと思われるカニの殻が落ちていたのがとても印象的だったようで(生きているカニを見たときよりも)、そのカニの話ばかりしています。何に興味を持つかは全く予測できないものです。

貝殻をいくつか拾って帰ったので、家で図鑑で調べてみると何種類かは名前が判明しました。私のダイバー時代の図鑑はもちろん大人用の図鑑なのですが、上の子はいたく気に入ってカニや貝のページをめくっています。

ダイビングをした後は、海中で見た魚をログブックに記録するのが夜の楽しみ(もちろん泡盛を飲みながら)ですが、 子連れでダイビングはまだまだ先の話です。しばらくは子どもの成長に合わせた海の楽しみ方を考えなければなりません。

One response so far