Archive for 5月, 2011

5月 31 2011

抗加齢医学会総会に参加して(3)咀嚼と嚥下について

私は常日頃、歯に無頓着な人が多いと感じています。

私自身は昔から自分の歯並びが悪いことを気にかけており、34歳になって歯科矯正をはじめました。今のところ齲歯はありません(治療済みが1本)。歯が悪くなりやすいといわれる妊娠中も軽い歯肉炎程度まででなんとか問題なく過ごしました。これからはむしろ歯周病のほうが問題になってくる年齢だと思いますので、注意しなければならないと思っています。

歯並びについては個人の好みの問題かもしれないなので矯正は別にしなくてもいいと思いますが、虫歯や歯周病は予防したほうがいいに決まっています。自分の歯を失わないための努力が必要です。また歯周病が全身の内科的疾患の原因になることがあると最近言われるようになってきました。

患者さんがふだんは入れ歯をされていても、手術の際には義歯をすべて外すことになりますので、その時にはじめて歯が悪いことに気づいてドキッとすることがあります。歯周病でグラグラだったり、虫歯でボロボロだったり、自分の歯が殆ど無かったりすると、挿管の際に折れて(抜けて?)しまわないか、術後誤嚥の原因になりやしないかと気になります。

なぜこんなことを考えるといえば、消化管の手術後には「消化のよいものをよく噛んでゆっくり食べてください」とご注意申し上げることにしているからです。しかし、自分の歯がぼろぼろであってはろくに噛まないまま飲み込んでしまい、胃腸に負担をかけることになります。

今回、抗加齢医学会で日本歯科大学菊谷武先生による咀嚼と嚥下の話があったので聞いてきました。このお話もなかなか面白かったです。

まず、いまや交通事故死よりも窒息による死亡の方が数が多いのだそうです。老健などで調査すると、窒息のリスクは
(1)臼歯部の咬合がない(つまり奥歯がない)
(2)認知機能低下
(3)食事が自立している(自分でたべている)
ということになるそうです。

奥歯がないとやはり窒息しやすいのですが、それでも、義歯をいれておけば自分の歯ほどではなくともこのリスクを下げられるので歯科治療の意義は大きいと言えます。
(2)は当然といえば当然です。(3)は、意外なようですが、すでにいろいろ体の機能が低下しているため(老健におられるような状態なので)、自分で口に含む量や速度を加減できないからむせても平気で口に入れてしまうのではないかと推測しておられました。

また、誤嚥などのために胃瘻を作ることがありますが、胃瘻造設後に「食べる機能」を再評価することは殆ど無いことを問題提起されました。すなわち、一時的に「食べる機能」が低下して胃瘻造設をしたとしても、また「食べる機能」が回復する可能性はあるわけです。それなのに、一度胃瘻を作ってしまうとそのまま胃瘻ですごさせてしまうことがほとんどだというのです。

私はいままで歯のことだけを気にしていましたが、咀嚼器官は歯だけではないというお話も印象的でした。
我々は、食べるものの性状によって下や顎の動かし方を変えているのだそうです。たとえば堅いものを食べる時には、下顎と舌を横方向にも動かしています。高齢者の中には堅いものを食べているときにもこの横方向の動きができなくなっている方がいて、うまく咀嚼できないのです。
咀嚼するための筋力が落ちてしまっているからで(運動障害制咀嚼障害)いわゆるサルコペニアが口腔にも生じているといえます。

消化管の一番上流である口腔の機能はその下流の胃や腸にとっても重要です。歯は大事だと思ってずっとその重要性を主張してきましたが、重要なのは歯だけではないのだと納得しました。しかし、毎日何かしら食べていて、どうしてサルコペニアが起きるのかちょっとよくわかりません。健康増進のために運動をするように、咀嚼力維持のために咀嚼筋に負荷をかけてトレーニングをしなければならないのかもしれません。そういうトレーニングの道具があることも紹介されていました。

No responses yet

5月 30 2011

抗加齢医学会総会に参加して(2)喫煙

私がタバコ嫌いなのはこのブログをお読みの方はすでにご存知のことと思います。ここ数年喘息が出てきたこともあって、今まで以上に避けるようになりました。

先日抗加齢医学会総会に参加してきましたが、もちろん「抗加齢」に一番重要なのは禁煙ですから会場内はすべて禁煙になっています。最近では他の学会でも会場内が禁煙になっていますがどこかしら喫煙場所があることも多いです。実際国際会館内にもタバコの自動販売機が存在します。

会場に向かうために何気なく朝タクシーに乗り込んでギョッとしたのは恐ろしくタバコ臭かったことです。京都のタクシーはすでにすべて禁煙になっているので本来はありえないことですが、運転手がついさっきまで吸っていたとしか思えない有様でした。

慌ただしく乗り込んで、雨も降っているしなかなか別のタクシーも拾えなさそうだし、どんどん北に向かっていくにつれてさらに流しのタクシーはなくなるし、、、結局国際会館までそのまま乗って行くはめになりました。気持ちは悪いし咳は出るしで最悪な滑り出しになりました。

会場は禁煙ですし、さすがに抗加齢医学会参加者にはあまり喫煙者がいないようでした。それでも会場外のタクシー乗り場付近の喫煙場所には数人が喫煙していましたし、帰りに地下鉄の国際会館駅に向かっていくと、地下に降りる階段の手前で喫煙場所があって数名がぷかぷかタバコをふかしていました。ネームプレートをつけたままだったり、学会のカバンを下げていたりしたので明らかに学会参加者です。

しかし、この階段の手前に喫煙場所があるのは実に最悪で、階段を降りてしばらくの間かなりたばこの煙の匂いが漂っていました。京都市(交通局?)もちょっと喫煙場所を考えなければならないと思いました。こういうタバコを吸わない人間が通る場所に煙が漂うようなことをしてはなりません。全く分煙になっていないからです。

しかもその喫煙場所には「抗加齢医学会総会」の看板が立ててあって、強い違和感を感じました。

No responses yet

5月 29 2011

「左京区 大学と地域の相互交流促進事業」報告説明会

Published by under 会の活動

昨日、新しい左京区総合庁舎において平成22年度の「左京区 大学と地域の相互交流促進事業」報告説明会がありましたので、報告に行ってきました。

110528_14390001.jpg

午前中は国際会館で学会に出席していたのでとても忙しい一日になりました。

新しい左京区総合庁舎は地下鉄松ヶ崎の駅から南東に歩いて7、8分のところでした。どうやっていこうか悩んだのですが、国際会館から一駅地下鉄に乗って松ヶ崎の駅から歩くことにしました。
平成22年度は5団体が採択されており、会議室のパネルにはそれぞれのイベントの写真などの掲示がありました。我々NPO法人京都の医療を考える若手医師の会のパネルは昨年のメディカルカフェで使用したプレゼンのファイルに会場の写真を付け加えるなどして加筆修正したものです。

110528_13230001.jpg

プレゼンファイルはメディカルカフェで使用した最初の問題提起ように作ったものに少し手を加えて作りました。また、パネルに掲示するパワーポイントファイルも用意しました。

picture1.JPG

15分間の報告と言われていたのですが、結構あっさり終わってしまいました。質問タイムもありませんでした。

picture2.jpg

最後に今年度の予告をちょっとだけしておきました。今年はかもがわ漢方研究会の一般向けバージョンをメディカルカフェとして行うことを考えています。ただ、左京区の大学と地域の相互交流促進事業には申請しない予定です。

No responses yet

5月 28 2011

抗加齢医学会総会に参加して(1)大腸癌

京都国際会館で開催された抗加齢医学会総会に参加してきました。来年は横浜で開催されるので、多分なかなか参加できないと思って頑張って行ってきました。

京都府立医科大学消化器内科の内藤裕二先生が運動と食事による大腸癌予防の可能性について発表されました。大腸癌のESD(内視鏡粘膜下層剥離術)を頑張っておられるなど、30年近く大腸癌の診療のために忙しく働いてきたのに、日本人の大腸癌による死亡率は下がるどころか増加傾向で、自分が一体何をしてきたのかとやや自虐的に離しておられました。多分話を面白くするためのレトリックだとは思いましたが、この視点は重要だと感じました。

私自身について考えてみると、外科医として目の前の患者さんの手術をすることも大事ですが、医師としては日本の大腸癌患者を減らすとか、大腸癌による死亡を減らすとかそういうことを考える視点を失ってはならないと思います。最先端の医療、高度な技術に邁進することは外科医の満足をもたらすかもしれませんが、社会全体の幸福につながるのかどうかということも頭の片隅に置いておく必要があります。

まず、大腸癌の二次予防として、日本の癌検診の非効率性についても言及されました。これはいつも私が実感していることで、全く同感でした。
日本は大腸癌により死亡リスクが高いので大腸癌検診は重要だと思われます。一般に大腸癌のスクリーニングとして便潜血反応が行われることが多いです。ただし、

10万人が受診の対象になっているとして、
14500人が受診し、
8%(1160人)が便潜血陽性となり、
そのうち60%(696人)が精密検査を受け(つまり残り464人は便潜血陽性を無視)、
そのうち3%(21人)に大腸癌が見つかって治療を受ける

(注:括弧内は私が計算したもの)

ということで、そもそも受診する人が少ない上に、便潜血陽性で引っかかっても精密検査を受けない人が4割もいるという指摘をされました。ただ、このデータの出所をちょっと聞き洩らしましたので詳細についてはわかりませんが、私の実感としても、検診受診率が低いということと要精密検査がでても放置する人が多いということについてはその通りだと思います。

次に一次予防についての話題になりました。
以前は大腸癌は食物繊維の不足や動物性脂肪の過剰摂取がリスクとして喧伝されてきましたが、最近はそれらの寄与についてはあまり根拠がないことが分かってきました。身体活動により大腸癌のリスクが下がり、過体重により大腸癌のリスクが上がることが明らかになっています。

つまり、適度な運動と適切な体重維持が大腸癌の予防になるということになるでしょう。

さらに抗酸化物質の摂取が効果的で、、、、と先生のご研究の話になっていきました(先生ご自身はアスタキサンチンに注目されています)。つまり、大腸癌は二次予防(検診による早期発見)のみならず、一次予防(癌になることじたいを予防する)ことが可能な癌と言えるでしょう。

特定の抗酸化物質をサプリメントなどで飲むことが良いかどうかはさておいて、厚生労働省が勧めている「1日に野菜350グラム、果物200グラム」を頑張って食べていくことは大事だと私は考えています。

ちなみにこれがランチョンセミナーで出たお弁当のメニューです。普通の学会だとエビフライとか魚のフライとか天ぷらとか揚げ物を含んだ幕の内弁当みたいなのが多いのですが、抗加齢医学会のお弁当は松花堂弁当で、量は少ないのですがなかなか品数も多くて美味しいです。ちなみに右のフードアイコンのAOUとは抗酸化価のことです。

foodicon2.jpg

残念ながらお弁当の写真を撮る前に食べてしまいました。
・・・しかし、あとでおなかがすいてさらにチョコレートケーキとアイスクリームを食べてしまい、せっかくのアンチエイジングなお弁当の効果を台無しにしてしまいました。健康な生活というのは難しいものです。

No responses yet

5月 25 2011

人間ドック体験記

Published by under 乳癌検診,医者の生活

市内のクリニックに人間ドックに行ってきました。とはいえ、勤務先(京都大学)の健康保険組合からの案内があったもので、正確には生活習慣病健診です。

項目は

身長、体重、腹囲
尿検査、便潜血
内科診察、視力、聴力
採血
胸部レントゲン
胃透視
子宮癌検診
乳房エコー

です。このうち乳房エコーは完全にオプションで別料金を支払ってつけてもらったものです。
体重がほぼ第一子出産前の体重に戻っていたことに気を良くし、それ以外の項目もサクサクとスムーズに進行していったので思いのほかあっさりと終了しました。

一番大変だったのは胃透視です。
ブスコパンの筋注はやはり口渇と眼の焦点が合わない感じになりました。バリウムの入った紙コップはずっしりと重く、飲んでくださいと言われて口に含んでもあのネットリ感はやはり飲みにくいものです。もちろん学生の頃や研修医の頃に試しに飲んだことはありますが、紙コップいっぱい飲んだのは今回が初めてでした。また、透視を自分がすることはあっても自分が透視台に乗ったのもはじめてで、台が倒れたり起き上がったりするのはやはり気分のいいものではなく、右を向いて、左を向いて、腰を上げて、という技師さんの指示にスムーズに従うのは結構大変でした。元気な私でも結構大変なので、点滴やチューブのついた患者さんや、体調が悪い患者さん、高齢の方などはもっと大変だろうなあと思い至りました。

乳房エコーについては、かなり丁寧に見てもらえたように思いました。30代の乳癌検診としてどんな検査項目が適しているのか(マンモグラフィがいいか、超音波がいいか)については私の知る限り、まだエビデンスがあるものはありません。少なくともマンモグラフィだと高濃度乳腺であることが多いので、偽陰性(仮に癌があっても見えないこと)が結構あるのではないかという印象を持っています。
増加しつつある30代後半の乳癌に対してどういう戦略で検診をするのかはこれからの大きな課題でしょう。現時点では京都市の住民検診のようにエコーで対応することが多いようです。

今回の人間ドックは検査項目としてはそう多くありませんが、年齢を考えるとまあ妥当かなとも思います。とくに症状もないですし。
ただ医者の仕事をしていると、概して無症状のうちに発見されたほうが予後が良いのは間違いないと思うので、これからは健診を定期的に受けていこうと思います。子どもたちが無事に成人するのを見届けなければなりませんし、、、、まだまだ自分でもやりたいことがありますので。

No responses yet

5月 21 2011

薬草園フィールドワーク

Published by under 会の活動,教育,漢方

今日は第7回かもがわ漢方研究会がありました。

最初に口腔心身症に関して京丹後市立久美浜病院 診療部長・歯科口腔外科部長で、京都大学医学部で非常勤講師もされている堀信介先生にご講演いただきました。

舌痛症や味覚異常などの歯科口腔外科領域の心身症が増えているのだそうです。特に、明らかな器質的異常所見がないのに舌が痛いという舌痛症の対応には苦慮することも多く、精神科や心療内科と歯科口腔外科の協力体制が必要なのだそうです。
0412.jpg

全く知らない話で興味深く拝聴しました。柴朴湯、半夏瀉心湯、加味逍遥散などが用いられ、抗鬱剤などとも併用して急性症状を取り除き、抗鬱剤の方を中止して漢方だけで維持していくのが理想だそうです。

私たち消化器外科医が大腸癌治療などの際に患者さんの副作用対策にはステロイドなどいろいろ手を尽くしますが、特に抗癌剤使用時の口腔内違和感や口内炎などについては、十全大補湯や補中益気湯などの補剤、消化器症状などを伴うときは六君子湯や半夏瀉心湯などがおすすめだとうかがいました。

次に、京大薬学部の伊藤先生の案内で、薬学部の薬草園の見学に行きました。何しろ蚊が多いということで蚊取り線香をたくさん持ち歩きました。幸い私はスーツを着ていましたのでひとつも刺されずに済みましたが、若い学生さんで足をむき出しの方がおられてその方が蚊の標的になってくださったようです。

0642.jpg

みんなでぞろぞろと薬草園に入り、先生の解説で葉っぱをちぎって匂いを噛んだり味見をしたりしました。ビンクリスチンの材料というツルニチニチソウはやめときましょうと言われました。苦いのや甘いのやいい匂いのや、いろいろな薬草がありました。

0582.jpg

おなじみの麻黄をみて私も思わず携帯電話で写真をとってみました。栽培は難しくないのですが、国内で栽培するとコストがかかりすぎて、薬価で定められている額ではペイしないだろうということです。

ハウスのベトナム産桂皮もとてもいい匂いがしました。ベトナム産の桂皮は京大の薬草園にしかない(他のところは中国産ばかりだそうです)ので自慢の逸品のようです。

学生さんから、結構大先輩と思われる開業医の先生方(もはやリピーターになってくださっています。ありがとうございます。)まで、総勢20名以上でぞろぞろとやや時間を延長して熱心に見学しました。 ただぼうっと眺めるだけでなく、伊藤先生の緩急つけた解説がポイントです。植物に関しても、その薬効成分についてもたいへんお詳しいので、ポンポンと解説が飛び出してきます。

0652.jpg

薬草園ツアーは季節的な制限もあるのですが(真冬は枯れ草だらけで面白くないそうです)、とても好評のようだったのでいずれ折を見てまたやりたいと思います。

さらに、一般向けにどうアレンジするかも考えていきたいです。

No responses yet

5月 18 2011

女性医師インタビュー(外科医版)

本日、女性医師インタビューの撮影を行いました。

数少ない(天然記念物的な存在の)女性消化器外科の常勤勤務医の方です。 卒業年度は私より2年あとなのですが、もともと手術件数の多い病院でトレーニングを積んで大学院には進学されずに外科医ひとすじでやってこられたので、私よりもはるかに多くの手術症例を経験されています。5年間みっちり研修されてから出産されたそうです。5年間というのは私の説とも一致します。

詳細は後日私の研究用ホームページで見ていただくとして、概要は

①勤務時間が短い(定時でも)と、外科医としてなかなか手術に入るチャンスがない。

②出産に際して、自分が仕事量を減らすと他のスタッフに迷惑がかかり、やめないと人員の補充ができないと考えて勤務していた病院を退職した。ただ、出産後に別の病院であらためて外科医として働こうと思ったが、勤務できる病院を探すのが大変だった。

③新しい病院でははじめは信頼関係がなかなか構築されていなかったこともあり、なかなか仕事をさせてもらえる環境ではなかったがすこしずつ責任ある仕事もできるようになってきた。
もしかすると、もともと勤務していた病院で育児休業を取得してそのまま復帰するほうが仕事を再開しやすかったかもしれないが、当時は「育児休業」の存在を知らなかった。また、自分が育児休業を取得した場合に、人員の補充ができたかどうか分からない。

④複数主治医制やシフト制などによりチームでひとりの患者を責任分担して診ていくことが大事だと思う。

⑤パートナーの選択は重要。

といったところでしょうか。①には私も実感しているところであり、全く同感です。
②や③については、私が比較的のんびりと仕事をさせていただいているのは、京都大学という自分の出身大学の医局で以前からの顔見知りの中で働いているからかなあと思いました。ありがたいことです。いつかは出ていかなければならないとしても、妊娠・出産・育児という一連のビッグイベントの真っ只中をここで過ごせるというのはラッキーでした。

ただ、返す返すも私はもっと出産前に勉強しておけばよかったなあと(特に手術)思いました。彼女の自信の裏付けが手術症例の多さであるとすれば、私は何を拠り所に頑張っていけば良いのかなあと心細く思うのでした。

また、京都大学外科交流センターの今後の取組についても紹介し、今後どのような活動を期待するかについても意見を聞きました。各病院の女性医師支援をきくのみならず、外科として女性外科医の受け入れを実際にどうしているか、また今後受け入れを考えているかなど外科としての対応を質問票に載せたほうがよいでしょうと助言をいただきました。

私は自分自身が向上しなければならないと思って仕事量を増や少しずつしてきていますが、これ以上増やすことは現時点では無理だと思っています。この限られた時間の中で仕事をしてなおかつトレーニングを積んでいくことの難しさをどう改善・解決していくかが課題だと感じています。やはり、彼女のように出産前にある程度の技術を習得しておくのが得策なのでしょう。とはいえ、過ぎた時間は戻りませんので、今後自分がどうやって前を向いていくか悶々としています。

No responses yet

5月 08 2011

女性勤務医師対策委員会

今日は、京都大学外科交流センターの女性勤務医師対策委員会がありましたので参加してきました。今回から委員長を拝命しましたので、ちょっとたいへんでした。

実は「女性勤務医師対策」委員会というネーミングだと男性のドクター(大半が男性ですから)が自分たちは関係ないというような感じになってしまうのではないかと危惧しています。ただ、外科の中でかなり希少な女性医師をサポートするという強いメッセージ性を残すために、これで良いのではないかということになりました。

定期的に関連施設の女性医師対策などを調査してweb上で公開していこうという方針も決定しました。また、外科交流センターの女性会員がそもそも何人いるか把握出来ていない(入会時に性別を記載する欄がない)ので、今後の入会申し込みのフォーマット改訂と現会員の性別確認をすることにしました。

genderは微妙な問題をはらんでいますが、「女性勤務医師」の対策をするためには基礎データが必要であるという点にはおおむね同意を得られたようです。
そもそも、種々の学会でも男女比をデータとしてとっているところととっていないところがあります。
外科学会や消化器外科学会、呼吸器外科学会は男女別のデータをとっていないそうです(今年2月現在)。麻酔科学会や消化器病学会は男女比のデータをきちんととっています。

昼食が出ましたが、さすが皆さん外科医で食べるのが速いこと速いこと。私も遅い方ではありませんが、やはりまだまだだなあと思いました。でも、患者さんには「よくかんでゆっくり食べましょう」と常日頃申し上げている立場なのですよね。

No responses yet

5月 07 2011

休日のペネロペ

今日はジェイアール京都伊勢丹に出かけてきました。目的はただひとつ、ペネロペを見に行くことです。今日はペネロペが遊びに来て一緒に写真をとってくれるということだったので。

110507_113800012.jpg

本来はちょっとでも暇を見つけてお仕事&お勉強しなければならないところですが、普段テレビやDVDでしか見ることのできないペネロペが目の前で歩いていたら面白いかなと思って出かけてきました。実はペネロペと一緒に記念撮影もしました。

中に入っている人は大変だろうなあと思いました。

ペネロペは3歳のコアラの女の子です。ペネロペのママとパパはとても優しいのですが、とても私には真似ができません。いつも時間に追い立てられて、余裕がなく怒って子どもたちに対して声を荒らげているような気がします。

ペネロペのママとか、ミッフィーのママとかいうのは理想のママなんでしょうか。ペネロペはフランスだし、ミッフィーはオランダですが、いつも優しくて子どもがいたずらをしたり失敗をしたりしても、怒鳴らずに優しく諭せるようなママというのは万国共通の普遍的な理想の母親なのだなと思います。反省。

一方で、優しく諭して「はい」と素直に聞いてくれる子どもというのも万国共通の普遍的な理想の子どもなんでしょうね。たいていはそう簡単に言うことを聞いてくれません。そして、仕事の邪魔もしてきます。

・・・・・・ペネロペとのつかの間の休日でした。

No responses yet

5月 01 2011

郡山の校庭の表土除去について

Published by under 放射線について

福島県郡山市が、放射線対策として独自に小中学校の校庭などの表土を取り除くことを決定し、作業を行いました。その結果、表土を除く前の放射線量は1時間あたり3.2マイクロシーベルトもあったのに、それが0.6マイクロシーベルトに減ったといいます。素晴らしいと思います。

実は、福島県郡山市は私が幼稚園から小学校5年生までを過ごした土地です。他人ごとではありません。私の通った幼稚園や小学校の名前を報道で見つけることはできませんでしたが、子どもたちの被爆量を少しでも減らすために市が独自に動いたことは本当に良いことだと思います。そもそも国が動いてくれないなら、地方自治体が動かないと仕方がありません。

一方で、文部科学大臣の高木氏は、「事実関係を確認したいと」か、ほかの地域にある学校での表土除去の必要性について「その都度放射線量を計測して、基準以下であれば必要はない」と述べて横槍を入れています。
基準値以下であったとしても、自分の郷土の子どもたちの被爆量を少しでも減らそうとする人たちの気持ちを考えたらそんなことは言えないと思います。

文部科学省が屋外活動制限の可否を判断するのに「年20ミリシーベルト」と、一般人の年間許容限度の20倍という高さの被ばく線量を目安としたことで、内閣官房参与:小佐古敏荘氏の抗議の辞任にも発展しています。

年間20ミリシーベルトは私の感覚でもべらぼうな値です。前にも書いたとおり、我々放射線業務を行う医師でさえ、業務で年間1ミリシーベルトを超えることはほとんどありません。さらに、我々はすでに成人しており、線量を管理され、採血により白血球数を測定し、業務としてお金をもらって自分の判断で放射線を取り扱っています。子どもたちは放射線の感受性も強いですし、線量を管理されているわけでもなく、自分の判断で放射線を浴びているわけでもありません。子どもの健康は大人が守る義務があります。

福島県の小中学校などでの屋外活動を制限する放射線量として「年間の積算放射線量20ミリシーベルト」との目安を基に「屋外で毎時3・8マイクロシーベルト」と決められたのはあまりに緩すぎると思います。なぜなら、これも外部被曝量だけの話なので、実際には呼吸による被曝、食物からの被曝を考慮すると、2倍程度の被曝になると考えられるからです。

郡山市が率先して表土の除去に踏み切ったこと、私は誇らしく思います。ただ、表土の捨てるところがなく、校庭の一角に集めて凝固剤で固めてブルーシートをかけたという点でひとこと。

表土は国会議事堂に持ち込んではいかがでしょうか。皆さん安全だとおっしゃっていますので。

2 responses so far