Archive for 1月, 2011

1月 22 2011

28日シンポジウムのお申し込み

28日のシンポジウム参加のお申し込みが着々と届いています。私が主宰するシンポジウムはこれで3回目なのですが、今までで一番反響が大きいです。

オーガナイザーにして司会も担当するので、当日はコマネズミのように走り回っていると思います。また、当日は病院長が東京出張から戻って来ての講演になることもあり、新幹線が無事に走ってくれるか胃の痛いところです。

不手際は多々あると思いますが、皆様よろしくお願い致します。

No responses yet

1月 18 2011

一食豪華主義

仕事をしているとなかなか凝った料理ができないですし、子どもが小さいと気軽に外食というわけにもいかないので手軽にお野菜を取ることのできるメニューを考えなければなりません。

朝は割りきって一日の初めのエネルギー補給と考えています。簡単なのでパンと果物にしています。飲み物は大人はコーヒー(またはミルクティー)、子どもはほうじ茶です。牛乳も飲ませたいところですが、あまり飲まないのでヨーグルトやチーズでカルシウムを補充する感じです。

昼は私はもっぱらコンビニ弁当になります。時間がないのでたいていはカルテを呼んだり書いたりしながら食べています。子どもたちはありがたいことに平日は保育園の給食を食べています。1日に必要な栄養の2分の1くらいを提供してくれているそうです。

夜は17時頃に帰宅して、いかに素早く準備をするかにかかっています。昔は毎日買い物に行ってその日必要なものを買ってきていたのですが、それでは時間のロスが大きいので、ある程度まとめ買いをし、食べ物のストックを用意することにしました。

昨日の夕食の献立は「ご飯、キャベツと玉ねぎのスープ、カレイの煮付け、聖護院大根の鶏そぼろあんかけ、金時豆、りんご」です。

聖護院大根は今の時期しかなく、普通の大根よりはやや高級品なのですが、味が染み込みやすくておいしいです。これを昆布のだしで炊いておいて、週末に作っておいた鶏そぼろを加えてあんかけにしました。本当は大根はコメのとぎ汁であらかじめゆでておいてからだしで炊くものなのですが、そこは手抜きです。また、生の鳥のひき肉をそのままだしに入れると塊のままになってしまうのでちょっとコツがいるのですが、あらかじめ鶏そぼろにしておくと簡単でした。子どもたちもこの大根をたくさん食べてくれました。あんかけもご飯にかけて食べました。

金時豆は夜のうちから水につけておいて、帰宅後圧力鍋で一気に炊いてしまいます。 加熱時間が短くてよいので圧力鍋は手放せません。

実際のところは全然豪華とは言えませんが、 気持ちは豪華なつもりです。いかに時間を短縮しつつそれなりのものを用意するかというのは働く母親の共通するテーマだと思います。

手術の方もこれだけ手際よくパキパキと手が動けばいいんですが、それはまた別の問題のようです。ですが、多分慣れればなんとかなるのではいかと希望的観測をしています。

No responses yet

1月 10 2011

落し物?

子どもの誤飲でもっとも多いのはタバコと言われております。しかし我が家には喫煙者がいないので、うちの子にはタバコを誤飲する心配はないと思っていました。

ところが、先日岡崎公園の方へ散歩に行って子どもたちを遊ばせていると、下の1歳児がなにやら口に入れようとしているではありませんか。土の上に白いものが落ちていて目を引いたようです。タバコの吸殻でした。 普段見慣れないものなので何かなと思ったようなのですが、慌てて捨てさせました。

公園にタバコの吸殻を落としておくなんて公共の場を汚す非常識な行為だと思っていましたが、 自分には直接関係ないと思っていました。しかし、こんな形で自分の身に降りかかってくるとは全く思いもよりませんでした。万が一本当に食べてしまったら、誰に怒りを向ければいいのでしょうか。

・・・・子どもはいろいろなものに興味を持ち、年齢によってはそのまま口に入れてしまうものです。うちでも、絵本をちぎって食べてしまうなどというのは序の口で、生のじゃがいもをかじってみたり、テーブルの上においておいた焼く前の餃子を食べてしまったり、 何度親をびっくりさせてくれたことでしょう。

親の監督不行届といえばそれまでですが、タバコの誤飲は特に危険なので、公共の場には吸殻は捨てないでください。

・・・・今日は公園に犬のフンが落ちていて、もう少しで手に取りそうになりました。飼い主の皆様、犬のフンもどうかお持ち帰りください。

No responses yet

1月 03 2011

あけましておめでとうございます・・今後の活動

Published by under 会の活動

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年末、理事どうしで法人の今後のことについて話をしたのですが、 少々方針転換をしようということになりました。というのは、やはり本業が忙しいこと、家庭のマネジメントなどに手がかかることをかんがみ、イベントなどの開催は限定的にしようということです。

法人の規模が小さいのでイベントを開催するとなると私自身が準備や運営や会計に翻弄されてしまうことになります。そういう作業に専念してくれるスタッフがいたらあまり問題がないのでしょうが、今のままでは私のただでさえ少ない時間と労力を費やすばかりではないかという指摘を受けました。私も医師としての技量アップ、勉強、診療、また研究の遂行、家庭のマネジメントにどのように時間と労力を配分するべきか考えようと思います。

シンポジウムは研究の一環ですので今後も必要に応じて開催します。主体は科研費など公的な研究の一環として行ってきましたが、私どもの法人もアイディア提供や広報の手伝いとしていつも後援に入ってきました。もちろん1月28日のシンポジウム開催も予定通りです。

かもがわ漢方研究会も、ツムラとの共催であり、様々な事務的な手配を依頼できるので今後も年に3回の予定で開催てしいこうと思います。

メディカルカフェは完全に私どもの法人の主催ですべての手配をしなければならないので、最も手間が多く、これをしばらく凍結しようと思います。もちろん、今後一切開催しないというのではありませんが、頻度とテーマの問題です。少なくとも今年度中の実施はありません。

このHP兼ブログの運営はもちろん今まで通りです。また、同時にこちらの研究用HPもよろしくお願いします。今後、今までの調査の調査票やデータをアップしていく予定です。また、女性医師に対するインタビュー動画も今後撮りためてアップしていきます。

今後も研究用HPとこちらのHPを公私混同しない範囲でコラボしていくつもりでいます。

どちらかと言えば、自分たち自身でイベントを開催するというよりは、シンクタンク的にアイディアを提供したり研究内容を紹介したりする組織といった方向へ軸足を変えていこうと考えています。ですから、メディカルカフェのようなイベントをどなたかが実施したいという際にご協力させていただくことは可能ですし、喜んでお手伝いしたいと思います。また、私どもの法人に参加して実務的な作業に関わってくれるような方がおられれば、自前で開催することも容易になると思います。今は会員が全員医者なので、本業に追われてしまうというところがあります(別に会員を医師限定にしているわけではないので、広くご参加をお待ちしております)。

また、取り扱うテーマについてももう少しわかり易くしぼっていこうということになりました。確かに、何でもやればいいというものではないですよね。

皆様には今後も変わらぬご指導とご声援をたまわりたく、お願い申し上げます。

No responses yet