Archive for the '外科' Category

4月 15 2012

外科学会リベンジ

12日、千葉の幕張メッセで開催された日本外科学会総会に出席してきました。諸般の都合により、日帰り弾丸ツアーとなりました。
昨年は震災の影響で紙上開催、すなわち総会中止になったわけですが、今年は通常通りの開催となりました。
特別企画2「女性外科医の労働環境の改善に向けて」というシンポジウムで「女性外科医の継続的なキャリアアップを目指して」というテーマでプレゼンしてきました。仕事のほうでもここしばらく時間外が多く、プライベートでも子どもたちの夜泣きや中耳炎や喘息のために時間を取られて準備不足の感は否めず、行きの新幹線の中でも東京に到着する寸前まで修正を試みました。そんなことではプレゼンそのものの練習をする余裕は全くなく、時間に追われた講演になってしまったのではないかと反省しております。

gekagakkai.JPG

それでも、女性医師VOICEの内容を少し公開し、宣伝できたのではないかと思います。
千葉大の社会医学系の先生がそれぞれの演者に質問をされていたのが印象的でした。お近づきになりたいと思いましたが、ディスカッションが終わったあとお見かけすることができませんでした。

そのほか、細径鉗子に関するランチョンセミナーに参加しました。細径鉗子とはconventionalな腹腔鏡手術に用いるより細い2mmとか3mmの鉗子のことです。より傷がちいさくなりますが、器具の耐久性や剛性に問題が生じます。

鉗子メーカーのブースで腸鉗子の片手での操作についてちょっとしたコツを教わってきました。これはこの学会における最大の収穫かもしれません。私は手が小さいので(特別小さいというわけではなく、平均的な日本人女性の手の大きさと思いますが、外科医としては小さい方でしょう。)、鉗子や各種デバイスの扱いにはやや困難を感じます。

帰りは学会会場で買った本を読みながら、牛タン弁当とビールで少しのんびりできました。子連れだとこうはいきません。最近、学会会場に託児所が設置されることが増えてきましたがそもそも子連れでの移動ってよけい大変だと思います。子連れではコンピューターの持ち運びもできませんし、スーツで移動もまず無理です。

帰宅は22時30分で、すでに子どもたちは就寝していました。

No responses yet

6月 03 2011

16年ぶりの解剖実習・・内陰部動脈って?

Published by under 外科

本日は手術の予定もないので、午後から学生さんの解剖実習のお手伝いに行ってきました。今の学生さんは2回生が解剖実習をされるそうですが、私は3回生の時に解剖実習をやって以来なのでかれこれ16年ぶりになります。

今回は骨盤の解剖ということで、直腸周囲の解剖を私自身も勉強するつもりで(学生さんのお手伝いというよりは自分のため?) 張り切って行ってきました。

16年前と違うのはホルマリンの管理が厳しくなってホルマリンをプッシュプル方式で回収していたためあまりホルマリン臭がしなかったことです。

私は16年前自分が解剖したご遺体がどんなふうだったのか今だによく覚えています。 たぶん今の学生さんたちも一生忘れないと思います。

内陰部動脈や下直腸動脈、Alcock管あたりの解剖を細かく見ることができました。マイルズの手術の時、お尻の側からの解剖が重要になるのですが、私は術者としてマイルズの手術をしたことがないのでそういう細かい解剖の知識がまだ不十分です。また、さらに言うと、そこまでの細かい解剖まで記載した手術書というのもあまりありません。

また、腹腔側から骨盤神経叢を見たり、直腸の手術の時の剥離層を確認したりもしました。

学生さんに「鼠径管はどこですか」という質問をされて、一緒に出かけていた外科のドクターが一生懸命答えるのを聞いていました。人に教えるのはなかなか難しいものですが、スラスラと答えていたのでさすがだなと思いました。

なかなか勉強になったのでもう少しいたかったのですが、緊急手術があるということで2時間くらいで病棟に戻ることにしました。勉強も大事ですが、仕事も大事です。勉強を仕事に還元し、仕事で興味を持ったことを勉強し、と常にフィードバックが必要です。人間一生勉強だなあと思います。

No responses yet

5月 08 2011

女性勤務医師対策委員会

今日は、京都大学外科交流センターの女性勤務医師対策委員会がありましたので参加してきました。今回から委員長を拝命しましたので、ちょっとたいへんでした。

実は「女性勤務医師対策」委員会というネーミングだと男性のドクター(大半が男性ですから)が自分たちは関係ないというような感じになってしまうのではないかと危惧しています。ただ、外科の中でかなり希少な女性医師をサポートするという強いメッセージ性を残すために、これで良いのではないかということになりました。

定期的に関連施設の女性医師対策などを調査してweb上で公開していこうという方針も決定しました。また、外科交流センターの女性会員がそもそも何人いるか把握出来ていない(入会時に性別を記載する欄がない)ので、今後の入会申し込みのフォーマット改訂と現会員の性別確認をすることにしました。

genderは微妙な問題をはらんでいますが、「女性勤務医師」の対策をするためには基礎データが必要であるという点にはおおむね同意を得られたようです。
そもそも、種々の学会でも男女比をデータとしてとっているところととっていないところがあります。
外科学会や消化器外科学会、呼吸器外科学会は男女別のデータをとっていないそうです(今年2月現在)。麻酔科学会や消化器病学会は男女比のデータをきちんととっています。

昼食が出ましたが、さすが皆さん外科医で食べるのが速いこと速いこと。私も遅い方ではありませんが、やはりまだまだだなあと思いました。でも、患者さんには「よくかんでゆっくり食べましょう」と常日頃申し上げている立場なのですよね。

No responses yet

2月 19 2011

動画の扱い

Published by under 医者の生活,外科

私は消化管外科の大腸グループに属しておりますが、最近の当科で行う大腸の手術はたいてい腹腔鏡手術です。カメラで撮影しますので、同時に録画もしています。もちろんその扱いについては患者さんの同意を得た上で研究用・教育用に利用されることもあります。

少なくとも手術を担当した外科医にとっては何度も反復して見ることで改善点を見つけることができますし、手術に入らなかった医師にとってもあとで画像を見て勉強することができます。数人の医師で集まってビデオ鑑賞会をしてディスカッションすることも可能です。

ただ、手術は何時間にも及びますので、適宜編集する必要があります。

これが私には難しい作業で、今のところ成功していません。他の先生が編集されたものをいただいたり、未編集の全録画分を流して見たりしています。

こういうのを自由に編集できるようになると手術の流れが頭に入っているということになるのでしょうが・・・録画されたものはハイビジョンであることも多く、ファイルがものすごく大きいのです。Premiere Pro CS4を使っていますが、あっという間にクラッシュして終わってしまうのでなにか方法論的に間違っているのかもしれません。

こういう手術の動画を扱う専門家がいてくれるととても助かるなあといつも考えています。

No responses yet

9月 26 2010

内視鏡外科学会 内視鏡下結紮・縫合手技講習会

Published by under 医者の生活,外科

昨日は、 内視鏡外科学会主催の内視鏡下結紮・縫合手技講習会に参加してきました。

30人の参加者のうち、女性は私だけでした。レクチャーとボックスによる実技トレーニングに1日明け暮れ、眼と手が疲労困憊です。
練習用ボックスとはこんな感じです。

二人一組でひとつの練習用のボックスを使って結紮の練習やタイムトライアルをしました。もう一人の先生はかなり慣れておられるようでした。はっきり言えば私は全くの初心者でした。私は大腸グループに所属しているので、大腸の手術では腹腔内で結紮する手技がほとんど必要ありません。そもそも私はスコピスト(カメラ持ち)をすることはあっても術者への道はまだまだ遠いです。

そうはいってもチャンスはいつやってくるかわかりませんのでトレーニングは必要です。ボックスは病院の医師控え室においてあり,自由に使えるのですが、そもそも私は病院にいることが出来る時間が限られているので結紮の練習まで手が回らないというところが現実です。

今回は気合を入れて3万円の自腹を切って講習会に参加してきました。1回も練習をしたことがなかったので恥を晒してきました。最初のタイムトライアルでは「できない」ので記録なしという不名誉な結果でした。まあこれは仕方のないことです。せっかく講習会に参加するのでゼロから(鉗子の持ち方から)勉強させてもらおうと思っていたからです。
同じボックスのもう一人の先生が上手だったのでそれを何度も見ては自分でもトライし、講師の先生に熱心に指導していただいて何とか出来るようになりました。最終的には結紮も何とかできるようになり、1分7秒までタイムが縮まりました。平均が58秒ということだったので平均以下ということになりますが、出来なかった人ができるようになったのでよしといたしましょう。

せっかく曲がりなりにもできるようになったので、時間を見つけてまた練習を続けようと思います。それにしても昨日は疲れました。今日も腕が筋肉痛です。変に力んでいたんだと思います。

No responses yet