Archive for the '食の安全' Category

1月 18 2011

一食豪華主義

仕事をしているとなかなか凝った料理ができないですし、子どもが小さいと気軽に外食というわけにもいかないので手軽にお野菜を取ることのできるメニューを考えなければなりません。

朝は割りきって一日の初めのエネルギー補給と考えています。簡単なのでパンと果物にしています。飲み物は大人はコーヒー(またはミルクティー)、子どもはほうじ茶です。牛乳も飲ませたいところですが、あまり飲まないのでヨーグルトやチーズでカルシウムを補充する感じです。

昼は私はもっぱらコンビニ弁当になります。時間がないのでたいていはカルテを呼んだり書いたりしながら食べています。子どもたちはありがたいことに平日は保育園の給食を食べています。1日に必要な栄養の2分の1くらいを提供してくれているそうです。

夜は17時頃に帰宅して、いかに素早く準備をするかにかかっています。昔は毎日買い物に行ってその日必要なものを買ってきていたのですが、それでは時間のロスが大きいので、ある程度まとめ買いをし、食べ物のストックを用意することにしました。

昨日の夕食の献立は「ご飯、キャベツと玉ねぎのスープ、カレイの煮付け、聖護院大根の鶏そぼろあんかけ、金時豆、りんご」です。

聖護院大根は今の時期しかなく、普通の大根よりはやや高級品なのですが、味が染み込みやすくておいしいです。これを昆布のだしで炊いておいて、週末に作っておいた鶏そぼろを加えてあんかけにしました。本当は大根はコメのとぎ汁であらかじめゆでておいてからだしで炊くものなのですが、そこは手抜きです。また、生の鳥のひき肉をそのままだしに入れると塊のままになってしまうのでちょっとコツがいるのですが、あらかじめ鶏そぼろにしておくと簡単でした。子どもたちもこの大根をたくさん食べてくれました。あんかけもご飯にかけて食べました。

金時豆は夜のうちから水につけておいて、帰宅後圧力鍋で一気に炊いてしまいます。 加熱時間が短くてよいので圧力鍋は手放せません。

実際のところは全然豪華とは言えませんが、 気持ちは豪華なつもりです。いかに時間を短縮しつつそれなりのものを用意するかというのは働く母親の共通するテーマだと思います。

手術の方もこれだけ手際よくパキパキと手が動けばいいんですが、それはまた別の問題のようです。ですが、多分慣れればなんとかなるのではいかと希望的観測をしています。

No responses yet

2月 06 2009

マグロと日本人と水銀

日本人はマグロが好きだと言われます。

日本料理といえば寿司。 寿司といえばマグロ。

東京の観光地といえば築地市場。築地といえばマグロ。

年末年始に外国人の入場を禁止したことがニュースになるくらいでした。

私自身はマグロは別に好きでも嫌いでもないのでマグロの漁獲がどうなろうとあまり気になりません。赤身ならともかく、トロは一貫食べればもうたくさん、という感じです。脂が多いので。しかし、社会的には大問題のようです。

そもそも「トロ」のような脂っこい食べ物は日本人の口に合うわけがありません。昔は捨てられていたという話ですし(保存技術がなくて傷みやすいからということだそうですが)、最近の食の欧米化に伴い、脂の味に慣れた日本人が脂の多いトロをもてはやすようになってきたのではないかと思っています。

海の魚介類のメチル水銀も問題です。特に、食物連鎖の上位に位置する大きな魚は有害物質が濃縮されるため、マグロなどの大型魚については摂取する量に気をつける必要があります。

特にハイリスクなのは胎児です。胎児の神経の発達に影響が出る可能性があります。妊婦または妊娠している可能性のある女性は摂取を制限するべきです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は2003年に妊婦のマグロ摂取量を週に約170gに制限するように勧告を出しています。

日本では食品安全委員会により、メチル水銀の健康評価について報告されています。

クロマグロとメバチマグロは1回80gとして週1回、ミナミマグロは週2回

だそうです。

アジやイワシなど小型の魚は水銀の蓄積はあまり考える必要がなく、妊娠中は推奨されこそすれ制限する必要はない、ということです。

マグロもたまに一切れ二切れ食べる分には問題がないのでしょうが、 マグロ尽くしのメニューとか、鉄火丼でマグロ山盛り、ツナサラダ山盛り、などという食べ方はやめたほうがよいでしょう。妊婦や妊娠の可能性のある方は自分でわざわざ買ったり注文したりするのは避けたほうがよさそうです。

他にも水銀を多く含むのはキンメダイ、クロムツ、ベニズワイガニなどがあります。

水銀がどの程度体に蓄積されているかは毛髪中の水銀量を調べるとわかりますので、気になる方は一度調べて見てもよいかもしれません。

2 responses so far

9月 26 2008

メラミン入りの食品

Published by under 食の安全

丸大食品の食品にメラミンが検出されてしまいました。健康被害が出るほどの量ではないようですし、赤ちゃんの粉ミルクと違ってそればかり毎日毎日摂取するものではないので粉ミルク問題ほど影響はないと思いますが・・・

ところで、栄養剤の成分や錠剤の添加剤として乳原料が使われる場合があるそうです。厚生労働省は26日、国内の医薬品製造販売業者に対し、乳由来の原材料を使っている医薬品に中国産乳製品が含まれていないか調べるよう、都道府県を介して通知しました。中国産を使用していた場合にはメラミン混入の検査実施を求めたということですが、これ以上メラミンが検出されないことを祈るばかりです。加工品になるとどこに何が入っているか分からないいう現状が少し恐ろしくなりました。

No responses yet

9月 25 2008

メラミン入りの粉ミルク

中国でメラミン入りの粉ミルクによる乳児の健康被害が問題になっています。メラミンは食器やボタンなどに使われるメラミン樹脂の主原料です。大量に摂取すると、腎臓や膀胱に結石ができることがあります。現時点で5人の死亡が確認されています。

中国のスターバックスのミルクにもメラミンが入っていたということで、北京オリンピックのときに飲んでしまった人もいるようです(テレビでキャスターが飲んでしまったと言っていました)。今は豆乳で代用しているとか。

牛乳から化学物質メラミンが検出された中国乳業メーカー製造の牛乳を使用していることが確認され、丸大食品が急ぎ自己回収をしていますが、加工食品には材料として知らないところで中国製のものが入ってきているのですね。とりあえず、「クリームパンダ」という製品にはメラミンの混入はなかったようですが、他の製品については検査中との事です。

日本の粉ミルクが気になったのでお客様相談室に問い合わせてみました。

「明治乳業」中国製の乳製品は使っていませんのでメラミンの心配もありません。材料の牛乳は主に国内産で、一部アメリカ産やオセアニア産のものを使用しています。

「森永乳業」中国製の乳製品は使っていません。メラミンの混入の可能性はないと考えていますが、念のため検査を行っているところです。乳成分はニュージーランド、オーストラリア、オランダ、ドイツなどの製品です。

というお話でした(安全なようで安心しましたが、加工品の原材料はいろいろな国からやってくることに改めて驚きました)。

日本でも汚染米が流通して大騒ぎになっています。京都でも保育園でメタミドホスで汚染されたもち米が消費されてしまいました。人の口に入るとわかっていて有害なものを平気で混ぜて儲けようなんてひどい話ですね。倫理観のかけらもないのでしょうか?

厳正な処罰をして、管理体制を強化していただきたいものです。

2 responses so far