Archive for the '京の行事' Category

3月 21 2011

連休の京都

Published by under 京の行事

3連休だったので普通なら京都も観光客でいっぱいなのですが、やはりなんとなく静かでした。平安神宮の駐車場はいつも観光バスでいっぱいなのですが昨日はガランとしていました。中国人観光客が来なくなったのだと思います。

京都に住んでいると意外と京都の名所を観光しないのです(二条城には行ったことがないし、金閣寺も10年以上行っていないし、紅葉の名所・桜の名所には人が多いのであえて近寄らない)が、平安神宮のあたりは我が家の散歩コースになっています。

昨日は散歩がてらみやこめっせに行ってきました。京友禅の展示会があったからです。この連休に合わせてみやこめっせでは西陣織とかいろいろな伝統工芸の職人さんのイベントなどをやっていました。

残念ながらおそらくはこの震災のあおりをうけて、盛況とは言えない印象でした。 少なくとも例年よりは出足が悪かったと思います。このような大きな災害が起こって、しかも現在進行形である中で、着物を見に行こうとはなかなか思えないのでしょう。

とはいえ、日本の産業全体が冷えてしまってはかえって被災地復興の妨げになりますので、直接迷惑がかからないイベントは粛々と実行していくべきだと思っています(東北電力・東京電力管内でのナイターは論外)。

私自身は和箪笥にたくさん着物を持っているにもかかわらず、忙しすぎて着ることができないということ、単純に収入が少なくて「贅沢は敵だ」状態であるということで新しい着物はここ数年買っておりません。反物を買えば、仕立てるのに裏地やら八掛もいりますし、相応の襦袢、帯も必要ですし、帯揚げ帯締め、草履、かばん、扇子・・・とひと通りのコーディネートを用意しておかないと実際に来て歩くことが出来ません。

逆に言えば反物が売れなくなれば着物関連の種々の産業が衰退するわけです。

昨日は、大学生が主宰した着物のファッションショーをやっていました。着物で乗り降りしやすい自転車の紹介もあり、若い人が着物を着る機会を増やすのはいいことだと思いました。もちろんその着こなしには多少異論もあります(季節感の無さとか)が、そんなことを言っていると多分誰も着なくなってしまうので、この時代に合った着方があるのだと思います。

私の子どもたちも意外とおとなしくファッションショーを見ていました。お宮参りとか七五三とか人生の節目には着物を着せることにしています。私も成人式、結婚式、卒業式(大学・大学院)などでは着物を着ました。大学院の卒業式の時は7ヶ月の妊婦だったのですが、着物で全く問題なかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして日常を過ごせることに心から感謝しています。 原発の鎮静化のために命がけで日々尽力されている方々、被災地の皆様、支援に向かわれた方々、現地で粛々と職務を遂行される方々、本当にお疲れ様です。皆様に少しでも早く安寧の日々が戻りますよう心から祈っております。

少し心苦しい気持ちを抱えながら、それでも自分にできることは今まで通りの生活を送ることしかありません。 首都圏が被災地の有用なバックヤードとして機能できない今、我々がその機能を果たす必要があります。今は体力・精神力を養っておこうと思います。

No responses yet

8月 16 2010

五山の送り火

Published by under 京の行事

今日は五山の送り火でした。

近所なので、歩いて見に出かけました。もはや五山全部の送り火を見ようなどという欲はなく、一番近所の大文字だけに絞りました。京大病院の敷地にも人がいっぱいでした。

京大病院の南側からでも見えるのですが、近衛通まで出たほうが大の字が正面に近くなって見やすくなると考え、てくてく歩いて行きました。車が停車できないようにパトカーが見張っていましたが、歩行者には特に制限がありませんでした。

点火されてちょうど見頃になったそのタイミングに数台の観光バスが東向きにやって来ました。もちろんお目当ては大文字山の送り火でしょう。通過するだけならパトカーにも文句は言われません。おそらく次の妙法の見える場所に移動して行ったに違いありません。五山の送り火は10分おきに東から西に点火されていくので、追いかけていけるのではないかと思います。上手な商売ですね。

何度見ても感慨深いです。まだまだ暑いとはいえ、夏ももうすぐ終わりですね。

No responses yet

7月 16 2009

祇園祭とインフルエンザ

Published by under 京の行事,感染対策

京都は祇園祭です。今日は16日で宵山、あす17日は山鉾巡行と多くの人出でにぎわうでしょう。

さて、京都市の新型インフルエンザは昨日時点で43例目が確認され、京都府全体では100例を超えました。

今後は発熱外来受診ではなく、直接かかりつけなどの医療機関に電話した上で受診できることになります。
発熱患者が受診を待つ場所を仕切りで分けたり、診療時間を別に設定したりするることで一般患者との接触を減らすような対応をしていくことになるそうです。

疫病退散を願う御霊会に始まった祇園祭ですが、新型インフルエンザのほうはなかなか退散してくれないようです。季節性インフルエンザのほうは夏の暑さとともに(?)発生しなくなってきたようですが、新型インフルエンザは静かに着々と増えています。

爆発的に増加しないので逆に不気味です。
今のところ死亡例が出ていないのでマスコミも静かですが、一例でも国内死亡症例が出ればまた大騒ぎになるのではないでしょうか。

No responses yet

3月 04 2009

桃の節句

Published by under 京の行事

昨日は桃の節句だったのでちらしずしと蛤のお吸い物を用意しようと思ったのですが、仕事の後に自分でちらしずしを作る余裕はなく、市販のものを購入しました。蛤はなんと近所のスーパーで売り切れていて、残念。あさりも売り切れで、シジミではあまりに違いすぎる気がして、結局菜の花と卵のお吸い物で代用することにしました。

菱餅やら三色団子やら桜餅、雛あられで何とか桃の節句らしくなりました。

知り合いのドクターは何軒か店を回ったけれど雛まんじゅうがないと嘆いていました。この辺では聞いたことがないよ~と和菓子屋さんで言われたとも。どんなものか聞いてみましたが、さっぱりよくわからず、謎のままです。

最近の春はいかに花粉と黄砂の害から逃れるか、早く過ぎ去ってほしい季節になってしまいました。本来は暖かくて気持ちの良い季節なのでのんびり散歩などしたいのに、用のない時にはなるべき外出もせず、洗濯物も外に干せず、なんとも内向きの季節です。

せめてこんな行事の時くらいは春をささやかに寿ぎたいものですね。

No responses yet

2月 02 2009

節分前夜

Published by under 京の行事

明日は節分です。

今日は前夜祭として吉田神社でも「鬼やらい」の行事があるので縁日が出ており、人がたくさん集まっていました。夕方に子どもが連れ立って東大路を多数北上しているので何かと思えばそういうことだったのです。

近所の交番も普段はあまりひとけがないのですが今日は数人のお巡りさんが待機していました。

市バスのバス停に市の職員と思しき人たちが観光客を誘導していました。バスも臨時便が沢山出ていましたし、心なしか交通量も多いように見受けられました。

とりあえず豆と鬼のお面を購入しておきました。マンションなので豆まきも恥ずかしいのですが、明日くらいは大声を出しても許されるでしょう。

明日は恵方巻きを食べる日です。その年の恵方(今年は東北東)を向いて巻きずしをまるまる一本食べます。願い事をしながら黙々と無言で食べなければなりません。

もともとは大阪の海苔業界が仕掛けて、セブンイレブンがさらにそれを広く展開したものです。なんだかバレンタインデーのチョコレートのようです。

他の行事の中にも、昔の人が商売目的に始めた行事があるかもしれませんね・・・

No responses yet

1月 07 2009

七草粥

Published by under 京の行事

今日は一月七日で七草粥を食べる日です。

最近はスーパーなどでも一式パックに入ったものが売られていてたいへん便利です。

我が家ではカツオと昆布の合わせだしに味噌で味を付けて卵とじにしておじやのようにして食べました。

七草粥は一年の無病息災を祈る行事ですね。

皆様のご健勝をお祈りいたします。

2 responses so far

11月 21 2008

いよいよ明日からイベント

Published by under 京の行事,会の活動

手作り感いっぱいのビラですが、うちの学生会員が作ってくれました。

明日からいよいよ京都大学11月祭で我々の初公開イベントを行います。

ぜひお誘い合わせのうえお越しください。

No responses yet

11月 12 2008

京都大学のイベントとしての11月祭

Published by under 京の行事,京都大学

京都大学において11月21,22,23,24日に11月祭という大学祭が開催されます。

今年のテーマは「単位より大切ななにかを求めて」なのだそうです。そのあまりの馬鹿さ加減にひっくり返りそうになりました。学生のすることに目くじらを立てるのは大人のすることではないという人もいるでしょうが、それでもあえて申し上げたいと思います。

「学生なんだから勉強しろ。単位を取れ。」

極論を言えば学生にとって勉強よりも大事なものはないです。授業そっちのけで大学祭の準備をすることが許されるとは思いませんし、少なくともそれをぬけぬけと公表し、恥ずかしいとも思わない感性を京都大学の一先輩として恥ずかしく思います。

「単位よりも大切ななにかを求めて」などというのは、中学生か高校生が「勉強よりも大切なものがある」と自己弁護するのと同様の青臭さです。

統一テーマ決定の経緯によると公募で集まったテーマの中から投票によって決定されたようですが、公募で集まってきたテーマから事務局がよいものを選べばよいのであって、わざわざ多数決で決める必要はないはずです。

勉強し、単位を取得するという学生の本分として核になる部分を持ちながら、さらに何かを求めるのが京都大学の学生としてあるべき姿です。もっと社会的な責任を果たすことを考えて行動すべきであり、その決意が現れるようなテーマを選択せよと敢えて苦言を呈しておきます。

5 responses so far

10月 30 2008

11月祭のイベント会議

Published by under 京の行事,会の活動

本日は11月祭のイベントの内容について会議を行いました。

まず、ミニレクチャーを2,3計画しています。

(1)医療崩壊について・・・これは今まさにホットな話ですね。

(2)医療における男女共同参画…なんじゃそりゃと思われるかもしれませんが、ひとつは女性医師支援問題、もうひとつはヒトが生まれてから死ぬまでにどのように医療とかかわっていくかという話で、特に「女性」に的を絞って話をしようかなという計画です。

また、医学部の学生が学生の視点でまとめた病気の話をする予定です。

ロールプレイングですが、これがかなり面白くなりそうな内容で、たとえば、

医師が患者に手術についての説明をしている場面

夜間の救急にきた○○の患者に対応する医師

代替医療(怪しげな健康食品など)を試したいという患者とそれに対応する医師

夜中に患者の受け入れ先を電話で懸命に探す医師と断る受け入れ先

などです。これらのロールプレイを通して医師と患者のギャップについて何らかの示唆が得られるのではないかと考えています。われわれがあまりにも日常になりすぎて見落としてしまっていること、患者側が全く想像しえないであろう医師の立場などを議論するまじめな企画です。

そのほか、蘇生用人形で蘇生の練習をしたり、AEDトレーニングキットでAEDの扱いを学んだり、外科医の基本「糸結び」大会をしたりと体を動かす企画もあります。

AEDは医師でも触ったことがない人が多いと思います。私も実は見たことはあっても触ったことがありません。一度触れておけばいざという時にも怖くないと思います。

是非皆さんお越しください。日時はここを見てください。

No responses yet

10月 02 2008

11月祭イベントの会場

Published by under 京の行事,会の活動

map_south0807282.gif本日総合館西棟の共西01講義室に下見に行ってきました。

入り口の階段からは一番奥になる地下の部屋で、通りすがりに寄るようなところではなく、わざわざ探して来ていただかなければたどり着かないような場所でした。残念です。

しかも普通の講義室です。

でも、ちょこちょこ宣伝していきますので、まじめに医療について考えていますという方も、仕事をしていないときの医者ってどんな感じ?程度の興味の方も、是非のぞきに来てください。

11月22日、23日の10時~16時です。

No responses yet

Next »