Archive for the '医師の待遇' Category

8月 01 2010

京都府医師会勤務医部会幹事会

Published by under 医師の待遇,医師会

昨日、京都府医師会勤務医部会幹事会に出席してきました。名簿を見ると40人以上もいるのに驚きました。もう少しこじんまりした会かと思っていたからです。実際の出席者は半分くらいでした。

それにしても、我が京都大学の幹事は私以外に2人おられておふたりとも教授なので、これにもびっくりしました。なにゆえ私のような若輩にご依頼いただいたのか。。。

幹事長、副幹事長、何人かの委員を決めましたがこれはあらかじめ根回しがすんでいたような印象でした。その場で私などが突然手をあげたらみんな困惑するだろうなあと思いながらおとなしくしていました。

今後の活動については勤務医の勤務環境改善や女性医師問題に関してどうアプローチしていくかというところでひとりずつ意見を述べました。
私も今までの調査研究などに触れながら、「勤務を継続していくことだけではなく、いかに評価をしていくか考えていかなければならないのではないか」と意見を述べました。

しかし、医師には奉仕の精神が重要で,労働基準法や36協定はなじまないというような意見も何人から出されました。うんざりして目が泳いでしまいました。

ご本人が奉仕の精神で私生活を投げ出すのはご自由ですが、それを周囲や後輩に強いるのはよろしくありません。患者の権利意識が肥大しすぎた今、医師が遠慮しすぎると状況はさらに悪化します。

少なくとも根性論でやっていけるほど今の医療の最前線は甘くありません。患者や社会の目も厳しくなり、昔なら許されたことも今は許されなくなっていることもあり、訴訟のリスクもあり、医療技術の進歩のスピードも昔の比ではありません。

高い倫理観と精神性、プロ意識、技術の研鑽などを維持するにはそれなりの勤務環境が必要だと思います。それは男性も女性もありません。そのために勤務医部会がどのような役割を果たせるのか、とても楽しみです。

No responses yet

6月 09 2009

医師のワークライフバランスについて

Published by under 医師の待遇

経済研究科の先生方と、医師のワークライフバランスを考えるにあたり1日の勤務時間をどれくらいに設定するか、目標を決めましょうということになりました。

何事にも目標は大事です。

何時間勤務なら満足ですか?と聞かれ、1日12時間くらいまででしょうか?と答えると、笑われてしまいました。

それは、すでに感覚が麻痺しているというか、毒されているというのです。

本当は1日8時間、週40時間が法律で決められた労働時間なのだそうです。

1時間休憩時間を取るとして、8時30分から17時30分が基本といったところでしょうか。毎日こんな時間で帰れる勤務医はほとんどいないと思われるので、1日10時間勤務くらいならたいていの勤務医も納得できる勤務時間ではないかと思いました。

1日10時間勤務ならば例えば8時から19時になります。何となく、家族と夕食を一緒に食べられそうな時間なのでいい感じです。しかし、1日2時間時間外勤務をすれば、週10時間、月40時間になりますので、これでもまだ多すぎるといえます。

京大病院の助教・医員の場合、時間外手当については

月30時間(宿日直時における救命救急業務による超過勤務も含む)

※宿日直時における救命救急業務による超過勤務は、宿日直1回につき1時間が上限。

※超過勤務の対象となる業務は、診療業務のみで、臨床研究業務は対象外。

なお、1日あたり(6時間)、1ヶ月あたり(45時間)の上限を超えた場合は、別途理由書の提出が必要。

 ということなので、30時間以上の時間外勤務はしていないことになっているのです。付け加えると、宿日直では1時間以上働いていないことになっているようです。

 つまり、1日に2時間も時間外勤務をしてはならないということになります。さらに、土日にも働いているケースがありますし、法律通りの勤務時間を守るのはなかなか難しいということがわかりました。

我々の提言するワークライフバランスとしては、勤務時間を1日10時間以内かつ週45時間以内というのを目標にしてみました。これはオンコールや当直を除いているので実際の拘束時間はもう少し長くなると思いますが、これでも規定ぎりぎりです。

この目標と現実とがどれくらい乖離しているか、調査してみようと思っています。

 

No responses yet

5月 30 2009

本日のシンポジウム

Published by under 会の活動,医師の待遇

新型インフルエンザのため、一時は開催が危ぶまれたわがシンポジウムですが、本日無事に開催することが出来ました。

開会のご挨拶は京都大学大学院医学研究科長の光山正雄先生にお願いしました。光山先生はご多忙の中、最後までご参加いただき、いろいろとご発言くださりました。今まで「女性医師支援」などについてはあまり関与しておられなかったそうですが、これからの医学教育などを考える上でひとつの視点としてご認識いただけたかなあと感じました。

その後、大阪厚生年金病院院長の清野佳紀先生より、大阪厚生年金病院での取り組み内容についてご講演をいただきました。女性医師のみならず、すべての職員のワークライフバランスを考えた職場のあり方を模索されています。

特に看護師では医師よりはるかに女性の割合が多いことから病院の正職員の78%が女性となっており、女性が働きやすい現場を作らなければ病院として成り立たないということでした。

実は私も個人的に京大病院の看護師さんが京大病院の看護師の離職率が高いことを憂いているのを聞いたことがあります。

また、育児期間の支援としても、一時的に時短や勤務日を短く設定しても、慣れれば単に1日8時間勤務、残業・時間外当直などなしという基本の勤務をたいていの女性医師は継続できるということも印象的でした。

また、会議やカンファランスを時間内にするようにすれば、かかる時間が半分程度になったということです。

18時からのカンファランスに出席することがどれだけ大変かということは育児中の女性医師が口をそろえて言うことです。カンファランスは患者さんの治療方針を議論するなど、日々の診療の意思決定において重要な場です。これに参加できないというのは自分の意見が全く反映されないことになります。

次に、内閣府男女共同参画局企画官の大西知子氏より、政府の取り組みについてご説明いただきました。

我々現場の医師の本当のニーズを行政にどうやってくみ取ってもらえばよいのか、などという質問が出ました。医師会や学会などから意見を抽出するとしても、そもそも医師会や学会のトップに女性はほとんどいません。

休憩をはさんで、京都府医師会の桑原理事より、京都府医師会としてどのような取り組みをされているかというご紹介をいただきました。保育サービスの充実や、ドクターバンクの解説などについてご説明いただきました。

最後に私が京大病院で行った女性医師に対するアンケート調査の結果を説明し、今後経済研究科の先生方と共同研究する予定の内容について紹介しました。

また、女性医師支援に関わって思うこととして、
(1)人間の想像力の限界
自分以外の人間に共感し、その立場を理解することは難しい。

(2)男女平等の真のあり方
女性は戦略なしに男性と同じ土俵に立つことは困難なのかもしれない。
妊娠・出産は女性にしかできないが、育児は男性や社会全体でも分担できるはずである。しかし、現状は母親の負担が重くなっている。

(3)人を評価することの難しさ
育児をしながらでも女性医師が医師としての仕事を「継続する」ことは可能だが、男性医師と同等・それ以上のポストを得て評価されることは可能か。

ということを挙げました。なかなか難しいです。

男女差はいかんとも埋めがたいですが、行政や社会のサービス、世の中の人のものの考え方がもう少し変わっていけば男女差を意識する機会は減っていくと思います。

たとえば、将来の出産や育児を考えて、科を選ぶ時点で継続しやすそうな科を選ぶということは女性医師にはよくある話ですが、男性医師がそういう観点で科を選ぶことは無いように思います。

女性ゆえにそういう戦略を持たなければならないのか(持った者が賢いのか)、あるいは男性でも女性でもライフイベントにかかわらず自分のキャリアアップを形成していけるような環境を整備していくべきなのか、難しいところです。現状では両方をにらみつつ、ということになってしまうでしょうか。

最後に、京都大学女性研究者支援センター推進室長で文学研究科教授の伊藤公雄先生より閉会のご挨拶をいただき、懇親会へと移りました。

今回のシンポジウムの提言としては、

(1)医師の勤務のあり方・・・主治医制からチーム制(シフト制)、短時間勤務の正職員など様々な働き方を認める

(2)地域連携のあり方・・・開業医と勤務医の役割分担

(3)医学教育のあり方・・・もっと若いうちから将来に対するビジョンを持たせるような教育を行う(もしかすると高校以前の問題かもしれない)

(4)男女平等のあり方、女子教育のあり方

などと私なりにまとめさせていただきます。

それぞれの演者の後の質疑応答が盛り上がり、最後の意見交換会の時間がとれませんでした。それぞれの質疑応答が面白かったのでまあそれはそれでよかったと思っています。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

3 responses so far

4月 24 2009

医師の当直勤務

22日、奈良県立奈良病院の産婦人科医2人が、夜間や休日の当直は時間外の過重労働に当たり、割増賃金を払わないのは労働基準法に違反するとして、県に2004、05年分の未払い賃金計約9200万円を請求した訴訟の判決が奈良地裁でありました。

裁判長は「当直で分娩など通常業務を行っている」と認定し、県に割増賃金計1540万円の支払いを命じました。

医師の勤務実態についてはじめて違法性を指摘した司法判断ということでニュースになりました。

労働基準法によると、待ち時間などが中心の当直は、通常勤務と区別され、割増賃金の対象外とされます。県 は当直1回につき2万円の手当のみを支給していました。

医師の当直とは、宿直(夜勤)、日直(休日勤)の総称で、労働基準監督署の基準では、医師の場合、病室の定時巡回など軽度で短時間の業務と定義されています。

しかし、病院によっては一晩中まともに眠ることができない当直などざらです。私も、当直の晩に何度も何度もPHSで起こされてほとんどうつらうつらしか眠れず、明け方に呼ばれたときは心臓の音がバクバクと響くのを自分で感じてかなりのストレスを自覚したことがあります。

それでも翌朝から普通に勤務があるので、へろへろでした。飲酒状態で働くのもよくないですが、そんな疲労こんばいした状態の医師の判断力もかなり低下しているのではないかと思います。

(睡眠不足はアルコール摂取に匹敵するほど判断力が鈍くなるものだと言われています)

医師の勤務形態に一石を投じる判決だったといえるでしょう。へろへろのまま働いても問題が生じなければ良いのですが、そんな判断力の低下した状態で診察をして医療過誤や医療ミスなどをひきおこすわけにはいきません。

2 responses so far

4月 21 2009

今後の女性医師に関する調査研究について

Published by under 会の活動,医師の待遇

昨日は今後の女性医師に関する調査研究について重要な面談が2つありました。

まず、私の調査研究の大元締めのグローバルCOEの拠点リーダーである文学部教授の落合先生と私で京大病院院長を訪問してきました。前回本調査研究を始めたころにもご挨拶に行ったのですが、今回は前回以上に話が盛り上がりました。

本当は5月30日に開催する第2回シンポジウムでお話しいただきたかったのですがご都合があわないということで、今回はご挨拶だけさせていただきました。それから、先日行った女性医師対象の調査研究の結果もさりげなく渡しておきました。京大病院の全医師を対象にした調査研究をすることもお伝えし、許可をいただきました。

折角話が盛り上がったので第3回シンポジウムでは院長の予定を最優先してご講演をお願いしようと思いました。ご自身の経験などなかなか面白いお話が聞けそうです。

そのあと、最近知り合った経済学の研究者の方々と今後京大病院の全医師を対象にワークライフバランスに関する調査研究をする相談をしてきました。

日本ではまだほとんど先行研究がないので、海外の調査研究を調査し、参考にしようと考えています。また、今まではブルーカラー対象の調査が多く、そのまま医師に適応することは難しいのでその辺が工夫のしどころだということになりました。

経済の先生方の話は専門用語が難しく、今まで知り合いが全くいなかったのでとても刺激的でわくわくする話です。

全く新しいことができそうで、楽しみです。

シンポジウムのような「イベント」も大事ですが、ただ花火を打ち上げるだけではなく、それを裏打ちする研究も重要だと思います。

我々の会はその両輪を同時に進行していくところが新しく、強みだと考えています。

4 responses so far

3月 16 2009

シンポジウム第二弾

シンポジウム第二弾の企画が動き出しました。

5月30日土曜日午後

ということで日程も決まりました。

講演の先生や詳細が決まり次第また広報していきます。

3 responses so far

3月 08 2009

医師と年金

Published by under 医師の待遇

医師免許には定年がないので、医師として働くのに年齢制限は特にありません。病院などでは定年があるところが多いのですが、診療所や老健施設、産業医や健(検)診医などは結構お年を召した先生がご活躍されていることもあります。

そのせいか、老後の心配をしている医者をあまり見たことがありません。勤務医はしばしばあちこちの病院を渡り歩いており、退職金があまりもらえないと愚痴をこぼす先生は多いです。しかし、退職後もちょこちょこ非常勤や嘱託などで働くことができるので何とか生活できるかなと考えているようです。

そんな私たちも年金を払っています。

勤務先がコロコロ変わっているということは、年金の種類もコロコロ変わっているということです。 私で、国民年金を含めて今でのべ6か所です(重複もあります・・・出たり入ったり)。

これだけの年金をすべて統合して計算して支払ってくれるものかしら、と思っていたら、上には上がいました。私の知り合いの30代のドクターで8か所、という人が。しかも、共済や厚生年金や国民年金とりまぜて、です。

公立・私立の病院を渡り歩くとそうなります。 一般の公務員ではこういうことはあまりないでしょうが、医者は私立の病院や公立の病院を出たり入ったりするのでそんなこともあります。書類上は「職を転々」としているかのように見えますね。

そういえば、以前研修医の期間を終えて京大病院を退職するとき、なぜか退職日が3月30日付になっていました。その時はあまり気にかけていなかったのですが、後日そのことが重大な意味を持つことを知りました。

年金の手続きは月末に処理されるとかいうことで、その退職した3月の分の年金が支払われていなかったのです。

社会保険事務所から国民年金加入用紙が送られてきましたが、翌4月から別の病院に勤務することになっていたので、まさか1ヶ月年金が未加入状態になるなどと知らない私は気にもかけずに放っておきました。

何年もたって知り合いのドクターがやはり京大病院を3月30日付で退職して数か月たって、最後の1ヶ月の年金の支払いができていないので、国民年金加入の手続きを1カ月分だけ自分でしてほしいという通知が来たことで事態が発覚しました。

私もあわてて社会保険事務所に問い合わせたところ、「京大病院の関係者の方からよくそういう問い合わせがあるんですよ~」とのんきな返答でした。

よくそういう問い合わせがあるんだったら何とかしろよと言いたいのを抑えて、私の年金を確認したところ、逆のぼって支払える期限を過ぎているので支払えないということでした。もらえる年金額にどれくらいの差が出るのか尋ねると、年間1000円ちょっとということなので、1ヶ月分の国民年金支払額を考えると10年少々で損になることになります。

些細な額かもしれませんが・・・やっぱり医者の福利厚生って大事にされていないなと思い知らされる事件でした。わざわざ退職の日を30日付にしなくてもいいと思うのですが・・・(本当のところはなぜそうだったのか今もってわからないのですが)

いくら定年なく働ける(可能性のある)職種とは言え、いつけがをしたり病気になったりして働けなくなるかわからないのですから、老後の備えは必要です。コツコツ年金を払い続けることにしています。

No responses yet

1月 28 2009

大学病院における女性医師支援について

このたび、大学病院においてこのようなシンポジウムを行うことになりました。準備に奔走しております。

京大病院では初のテーマだと思います。

院内・学内・学外を問わず広く皆様の参加を募集しております。よろしくお願いします。

(なお、プログラムなどについては今後も若干の変更がある可能性がありますので変更があればそのたびにアップしていきます〉

————————————————————————————————————–

女性医師が働き続けるために ~大学病院の職場環境を考える~

日時:2009年2月20日(金)18:00~20:00
場所:京都大学医学部附属病院 臨床第一講堂
—————————————————————————————————————–
臨床医に占める女性医師の割合は約15%ですが、近年、国家試験合格者では女性の占める割合は3分の1となっており、今後女性医師数自体は急増していくと予想されています
一方全国的な医師不足が社会問題化する中で、女性医師の離職防止・復職支援が重要な課題となっております。この機会に大学病院における女性医師の支援はどうあるべきか考えてみたいと思います。広く皆さまのご参加をお待ちしております
—————————————————————————————————————–

1:開会あいさつ
2:パネルディスカッション
パネリスト:
岡山大学病院卒後臨床研修センター講師・岡山大学病院総合診療内科 片岡仁美
株式会社ワコール人材開発部長 小林正治
京都大学大学院文学研究科教授 伊藤公雄
京都大学医学部附属病院産婦人科 高尾由美
話題提供:
京都大学大学院医学研究科発達小児科学講師・京都大学女性研究者支援センター病児保育室長 足立壮一
コーディネーター:
京都大学医学部附属病院消化管外科 大越香江
3:閉会の辞
京都大学地域研究統合情報センター教授 押川文子

————————————————————————————————————-
どなたでもご参加いただけます。参加申し込み・お問い合わせは下記までお願いします。また、参加中お子さまの保育(3か月から小学校3年まで、無料)をご希望の方は、2月12日(木)までに氏名・所属とお子様の年齢を添えて下記までお申込みください。
申し込み・問い合わせ先:京都の医療を考える若手医師の会
E-mai: info@kyoto-wakateishi.com / URL: http://www.kyoto-wakateishi.com/
—————————————————————————————————————-

共催:京都大学グローバルCOE プログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」
    京都大学女性研究者支援センター
後援:京都の医療を考える若手医師の会

2 responses so far

12月 12 2008

大阪厚生年金病院見学

昨日院長面談の後、大阪厚生年金病院へ見学に行ってまいりました。もちろんこれも、現在調査研究を進めている「京都大学における男女共同参画に資する調査研究-京都大学医学部附属病院において期待される女性医師支援」の一環としての出張です。

京阪中之島線ができたのでたいへん便利になりました。

 

院長の清野先生が対応してくださいました。お忙しいところ、厚生年金病院での取り組みについて直接ご説明いただきました。

女性医師の「子育て支援」というよりは、「ワークライフバランス」を考え、従来よりも短時間勤務でも正職員として雇用を続けることが基本的な考え方のようです。

休職後の「復職支援」にお金を使うよりも、「やめさせない」ことが重要であるということを強調しておられました。

そこで、大阪厚生年金病院の子育て支援体制としては、

1.産休・育休制度

2.時間短縮・勤務日短縮

3.残業免除

4.当直免除あるいは制限

5.駐車場優先使用

6.保育園・病児保育室利用

などがあります。時間短縮・勤務日短縮やと当直免除のためにはゆとりのある人員配備が必要なので余裕をもって医師を確保しておく必要があります。

また、休暇支援は正職員のみならず研修医やパートタイマーにも適応されます。

週3日でも正職員として勤務したほうが社会保険料などを病院が負担してくれるのでパートタイム勤務よりもお得です、と力説しておられました。

(パートタイムだと年金や健康保険を自分で加入しなければなりませんので)

その辺をなかなか理解してもらえないことがあって、女性医師ももっと社会的な知識をつけたほうが良いと院長先生はおっしゃっていました。

まったく、無知は損です。

また、女性医師支援(子育て支援)には全職員の待遇改善が重要であるというお話で、それはもともと我々が考えていることと全く同様でした。

また、外科で奮闘中の女性のドクターも来てくださっていろいろご苦労されているお話をおうかがいしました。お子さんが小さいので大変です。

その後、院内保育所を見学してきました。院長秘書さんが案内してくださったのですが、その方ご自身も今年の3月までお子さんをその保育所に預けておられたそうです。

    とてもかわいらしい外観です。

  クリスマスの飾りつけがされていました。

3歳の誕生日の次の3月いっぱいまで預けられるそうです。運動場がないのでそれ以上の年齢になるとなかなか保育は難しいのです。

また、病児保育室も見せていただきました。小児病棟の一番奥にありました。小児科のスタッフの目が届きやすそうでなかなか便利なところだと思いました。

市中病院と大学病院は役割が違いますのでなかなか難しいとは思いますが、京大病院も少しずつ良い方向に向かっていけばよいと思っています。女性医師の待遇もそうですが、医師全体の勤務状態が大変厳しいので「女性医師だから」と主張することは難しい状況です。

院長先生に京大病院で講演会やセミナーシンポジウムなどを企画した際にはぜひいらしてくださいとお願いしたところ、快諾してくださいました。

あちこちで講演をされたり院内の業務もお忙しいと思いますが、こちらも万全の準備をしてお迎えしたいと考えています。

大阪厚生年金病院の皆さんありがとうございました。

2 responses so far

12月 11 2008

院長面談

本日、京都大学病院院長と今後女性医師支援についての院内調査研究をするにあたって面談してきました。京都大学地域研究統合情報センター教授押川文子先生と女性医師支援センター特任教授登谷美穂子先生にもご列席いただきました。

院内調査の件と、院内で女性医師支援についてのシンポジウムのような会を開催したいという件と、女性医師の会を作りたいと説明しました。

院内調査に関しては個人情報にかかわる部分もあるので倫理委員会を通すように指摘を受けました。シンポジウムも院内の部屋を使用してもかまわないし、広報も可、女性医師の会も自由にやってくださいというお話でした。

女性医師支援についてはいろいろ動き出しているというお話(ある科で現在週4日以上勤務しか認められていない勤務形態をを3日でも可にしてほしいという要望が来ている、など)でしたが、私にはピンときませんでした。

なぜならこういう話題に一番耳ざといはずの私の耳に入っていないくらいですから、病院がいろいろ動いているにしろ、いちいち個々の事例に対応しているという次元なのだろうと感じました。

科レベル、個人レベルでとどまっている問題が結構あるのではないかなあと思います。病院全体で取り組まなければ解決しない問題はたくさんあると思います(本当は日本全体で、ですが)。

しかし、何はともあれ調査研究自体は認めていただいたわけですし、そういう表に出ない問題を掘り起こす作業をぼちぼちと進めていきたいと思います。

京都府は人口10万人当たりの医師の数が日本で一番多い都道府県です。

なんと東京都よりも多いんですね。

医師が多いので医師不足を感じることもない(丹後地方など地方では不足しているので大学病院を2つも抱える京都市などは医師であふれかえっているのでしょう)ので、女性医師支援など進まないのでしょう。医師確保を重視しなければならない地方のほうが女性医師支援は先行しているのだと思います。

2 responses so far

Next »