10月 25 2012

第12回かもがわ漢方研究会 

Published by under 会の活動,漢方

皆様、ご無沙汰しておりました。多忙を言い訳にしてはなりませんが、日々バタバタと走り回っております。

さて、第12回かもがわ漢方研究会のご案内です。

共催NPO法人京都の医療を考える若手医師の会・株式会社ツムラ

平成24年12月15日(土)14:00-16:00
京都大学薬学部本館1Fマルチメディア講義室

講演:がん医療における漢方治療(仮)
大阪府 済生会中津病院外科 副部長 中江史朗先生

特別講義:~屠蘇散を作ってみましょう~
京都大学大学院薬学研究科 薬品資源学分野 准教授 伊藤美千穂先生

会場等準備の都合上申し訳ありませんが、定員40名とさせて頂きます。
参加ご希望の方は、下記までお申し込み下さい。

申し込み方法:
TEL075-344-5061
FAX075-344-5018
E-Mail takamura_katsuya@mail.tsumura.co.jp
株式会社ツムラ京都支店 高村、佐伯迄

屠蘇散の作成に必要な生薬の準備、会場の広さなどを考えると心苦しいのですが人数制限もやむなしかと。
抗癌剤治療中のさまざまな副作用に漢方が援護射撃のように使えるのであれば、より快適により安全に抗癌剤治療を継続できますね。
私もいろいろと処方してみますが、手探りです。
大変興味深いテーマだと思います。

コメント(0)

7月 20 2012

第11回かもがわ漢方研究会

Published by under 会の活動,漢方

第11回かもがわ漢方研究会のご案内です。今回は先着50名限定です。参加していただける方が増えて嬉しい悲鳴で贅沢なことですが、スペースと準備の問題もあり、研究会のクオリティを維持するためにも少数精鋭で開催させていただきたいと思います。このHPでの告知が最も早いので、このHPの読者の方が最優先でご参加いただけることになります。

平成24年9月8日(土)14:00-16:00
京都大学薬学部本館1Fマルチメディア講義室

講演:女性の疾患における漢方の役割(仮)
富山県 谷川醫院 院長 谷川聖明先生

特別講義:世界の中の生薬~人参~
京都大学大学院薬学研究科 薬品資源学分野 准教授 伊藤美千穂先生

会場等準備の都合上申し訳ありませんが、定員50名とさせて頂きます。
参加ご希望の方は、下記までお申し込み下さい。
申し込み方法:
TEL075-344-5061
FAX075-344-5018
E-Mail takamura_katsuya@mail.tsumura.co.jp
株式会社ツムラ京都支店 高村、佐伯迄

コメント(0)

6月 03 2012

人間ドックふたたび

Published by under 医者の生活

昨日、1年ぶりに人間ドックに出かけてきました。この1年間の間に健康保険が共済にかわったためか、検査項目がさらに充実しでおりました。さらに検診施設で勤務する友人に助言を受け、いくつかのオプションを追加しておきました。

今回は人生初の胃カメラに挑戦しました。消化器外科医をしておりますので患者さんにしばしばお勧めする検査ではありますが、自分が受けるとかなり苦しい検査でした。嘔吐反射が強いものですから、途中で何度も吐きそうになりましたが吐くものもなく、おえおえというばかりでした。

昨年胃透視をうけて異常なしだったので、大きな病気はないだろうと思っておりましたが、今年のドックでは胃透視から胃カメラへの変更が可能となり(健康保険が変わると福利厚生も変わるようです)、胃カメラにチャレンジすることにしました。私の父親が胃潰瘍の既往があり、ピロリ菌の除菌もしておりましたので自分が感染している可能性もあると考えていました。念のため友人の勧めに従い、抗ピロリ菌抗体の検査もオプションで追加いたしました。自分にとってもピロリ菌感染による慢性胃炎→胃癌は避けたいところですし、自分が感染していれば子どもたちにも感染するリスクがありますので(ピロリ菌の持続感染は5歳くらいまでに完成するそうです)、ぜひ一度は調べておくべきだと思いました。

胃カメラは幸い異常なく、あっさり終わりました。吐きそうになりながら見ていましたが、我ながらきれいな胃粘膜でした。よかったです。ピロリ菌抗体の検査結果は後日判明します。

そのほか、呼吸機能、負荷心電図、眼圧、眼底撮影などが今年新たに追加になった項目でした。健康保険が変わったためか、自分の年齢のためかわかりませんが、、、

さらに乳癌検診(エコー)と子宮癌検診を自分でオプションでつけたため、それなりの出費にはなりましたが自分と家族の健康に投資することは必要なことだと思っています。午前中いっぱいで検査も終わり、施設内のレストランでおいしい昼食をいただいて帰りました。

コメント(0)

5月 13 2012

第10回かもがわ漢方研究会

Published by under 会の活動,漢方

昨日、京都大学薬学部本館1Fマルチメディア講義室で第10回かもがわ漢方研究会を開催いたしました。第10回にして、過去最高の70人超の参加となりました。いきなり前回の倍?いつもの部屋が手狭に感じられました。

img_1062.jpg

前半のご講演は医療法人佐々木皮膚科 院長・理事長の佐々木豪先生で、種々の皮膚疾患の治療経過などから多数の内臓疾患を診断しうるというデルマトロームという概念のお話でした。

皮膚表面の変化は体内の状況の敏感なマーカーになりうる場合があり、その変化から内臓疾患を推しはかることが可能なのだそうです。たとえば糖尿病においては皮膚における微小循環障害が糖尿病の先行兆候として血液データの変化よりも先に現れることがあるため、日常の診療でもそのような兆候を見逃さず、基礎疾患である糖尿病を見つけることができるというお話でした。

そのほか、悪性腫瘍や膠原病、肝機能障害なども皮膚の変化や皮膚疾患の治療反応の遅さなどから発見できることもあるという興味深い症例をいくつも提示されました。

私は外科医なので、たいていすでに内科などで診断のついた患者さんを診ることが多く、このような謎解きの過程をあまり日常経験しません。それでも、普通の経過と何か違うときは、「背景に何かあるのでは」という視点を忘れないようにしようと思いました。

ただ、漢方のお話が少なかったので漢方のお話を特に聞きたかった参加者の皆さんにはちょっと欲求不満であったかもしれません。いかがでしたでしょうか。

後半は恒例の薬草園見学でした。人数があまりにも多くなったので、3グループに分かれての見学になりました。

yakusou1.jpg

軽妙な語り口の伊藤先生のお話も絶好調です。芍薬と牡丹の違いとか、ミントの葉の香りが表と裏で違うとか、ややマニアック(?)かつ知っていると楽しいお話を今回もたくさん聞くことができました。

yakusou2.jpg

山椒の記念植樹です。京大病院は今年の3月初めて漢方薬が院内採用になりました。大建中湯と芍薬甘草湯と抑肝散の3処方だけですが。外科医としては大建中湯は重要です。今年の2月までは、漢方を処方するのにいちいち、漢方でなければならない理由とか、自分の印鑑のみならず診療科長の印鑑とか必須で、漢方を処方するのがたいへん面倒でした。しかも在庫が少ないとかで、同時に3人の患者さんに大建中湯を処方しようとしたら、在庫が足りないといわれたことがあります。たった3人ですよ。

面倒な手続きがなく、必要な患者さんに必要な時に処方できるようになったことを大変ありがたく思っております(当たり前のことなんですが)。外科医であれば大建中湯のおかげて頑固な腸閉塞患者の手術を回避できた経験をお持ちの方は多く、「なぜ効くか」はともかく「とりあえず効けば試してみる」ことに抵抗の少ないのが外科医ではないかと思います。エビデンスがない、ということで京大病院では今まで採用されていなかったわけですが、まあそんなに高い薬でもないし、有害事象もほとんどないし(そもそも内容が山椒と人参と乾姜と膠飴ですから)、病院によっては開腹術後にほとんどルーチンに処方しているところもありますし、京大病院が今まで採用に抵抗していた理由もよくわかりません。

まあ漢方が嫌いなドクターないし基礎系の先生方はある一定の割合で存在するものと思います。私もすべての漢方が効くとは思っておりませんが、効くものもあるので選択肢として持っておいたほうが有利だと合理的判断をしています。

そういう意味の記念植樹でした。

それにしても大盛況となった研究会。これからどこに向かうのでしょうか。この規模になると今まで楽しくやっていた屠蘇散の作成などの実習ものが難しくなります。先着30名様限定?抽選?はたまた有料化?嬉しい誤算であります。ともあれみなさまご参加ありがとうございました。

コメント(0)

4月 29 2012

久々の抗加齢医学会講習会

Published by under アンチエイジング

久々に抗加齢医学会講習会に出かけてきました。出産後初めてなので、もう4年ぶりくらいになるでしょうか?

せっかく取得した抗加齢医学会専門医の資格ですが、実のところ直接仕事とは関係ないためこれを維持する必要があるか悩みました。それでも抗加齢は今後の医療において重要なキーワードであることは間違いなく、一人の母親としては子どもたちの養育上正しい(現時点で)と思われる抗加齢に関する知識が必要だと思い、ひとまず講習会に出かけてきました。抗加齢は胎児の時から始まっているというのが私の持論です。なにぶん、上の子を妊娠中からこの領域の勉強を始めましたので、とくにそう感じます。

抗加齢医学会で何が一番心に残ったかといえば、骨粗鬆症の予防のために、最大骨量に達する20歳くらいまでの間に骨量を増やしておくことが大事だということで女子中高生を対象に運動や食事などについて介入しても、結局数年で元に戻ってしまうということです。
結局母親と同じ生活習慣になってしまうらしいのです。

母親の生活態度、健康に対する意識は必ず子どもに継承されるということで、私も心を引き締めて子どもたちの養育にあたろうと思いました。また、医者としては、母と娘に同時に介入することの重要性を感じ、「母娘ぴかぴか骨磨き教室」とか母親には骨量を維持する運動を、娘には骨量を増やす運動を提案するのはどうかなと思いました。

それから、骨はお薬でなんとかコントロールできるけれど、現時点では軟骨の変性や筋力低下に効果的な薬剤はないので、運動器においては軟骨と筋肉の問題にどう介入するかが重要だそうです。筋力アップをするには無酸素運動が必要なんだけど、普通​に無酸素運動すると軟骨を傷めてしまう可能性があるそう​です。軟骨を傷めずに無酸素運動ができるというエビデン​スがあるのは今のところ太極拳だけらしいです。30歳を過ぎ​ると軟骨の変性は始まっているので、軟骨を傷​めないように運動する配慮が必要だそうです。

bentou1.JPG

bentou22.JPG

抗加齢医学会講習会のお弁当は結構健康的な感じでした。ありがちな揚げ物はないし、野菜多めでごはんにも雑穀入り。以前は古い油が動脈硬化のリスク、とか聞いた後のお弁当に揚げ物が入っているなど普通のお弁当だったのですが、「抗加齢医学会講習会の​弁当が不健康なのはよろしくない」と毎回アンケートに書き続けて​いたおかげか(?)、しばらく来ないうちに改善されていました。学会の時のお弁当はさらにヘルシーで豪華な感じなんですが・・・

日本人のコレステロール摂取量はすでに欧米並み、とか、肉・バター、油の加熱処理や2度揚げ、長期保存などで酸化コレステロールが増加する、とかふだんの食生活で気を付けなければならないことを再確認いたしました。コンビニのフライドチキンを最近よく食べていたのですが、やめようと思いました・・・子どもたちの食事もあまり作り置きしないように気を付けなければなりません。

コメント(0)

4月 15 2012

外科学会リベンジ

12日、千葉の幕張メッセで開催された日本外科学会総会に出席してきました。諸般の都合により、日帰り弾丸ツアーとなりました。
昨年は震災の影響で紙上開催、すなわち総会中止になったわけですが、今年は通常通りの開催となりました。
特別企画2「女性外科医の労働環境の改善に向けて」というシンポジウムで「女性外科医の継続的なキャリアアップを目指して」というテーマでプレゼンしてきました。仕事のほうでもここしばらく時間外が多く、プライベートでも子どもたちの夜泣きや中耳炎や喘息のために時間を取られて準備不足の感は否めず、行きの新幹線の中でも東京に到着する寸前まで修正を試みました。そんなことではプレゼンそのものの練習をする余裕は全くなく、時間に追われた講演になってしまったのではないかと反省しております。

gekagakkai.JPG

それでも、女性医師VOICEの内容を少し公開し、宣伝できたのではないかと思います。
千葉大の社会医学系の先生がそれぞれの演者に質問をされていたのが印象的でした。お近づきになりたいと思いましたが、ディスカッションが終わったあとお見かけすることができませんでした。

そのほか、細径鉗子に関するランチョンセミナーに参加しました。細径鉗子とはconventionalな腹腔鏡手術に用いるより細い2mmとか3mmの鉗子のことです。より傷がちいさくなりますが、器具の耐久性や剛性に問題が生じます。

鉗子メーカーのブースで腸鉗子の片手での操作についてちょっとしたコツを教わってきました。これはこの学会における最大の収穫かもしれません。私は手が小さいので(特別小さいというわけではなく、平均的な日本人女性の手の大きさと思いますが、外科医としては小さい方でしょう。)、鉗子や各種デバイスの扱いにはやや困難を感じます。

帰りは学会会場で買った本を読みながら、牛タン弁当とビールで少しのんびりできました。子連れだとこうはいきません。最近、学会会場に託児所が設置されることが増えてきましたがそもそも子連れでの移動ってよけい大変だと思います。子連れではコンピューターの持ち運びもできませんし、スーツで移動もまず無理です。

帰宅は22時30分で、すでに子どもたちは就寝していました。

コメント(0)

3月 27 2012

小指の握力

Published by under 医者の生活

最近自分に不足していると実感したものの一つに握力があります。

エネルギーデバイス(要するに組織を焼灼して止血しつつ切離していく道具です)で、握りこんで作動させるものがあります。構造的に私の手には大きく、大きい道具を最後まで「ぐわし」と握りこむのは相当負担がかかります。自動吻合器も握りこんでfireします。

実は指1本1本の握力を鍛える器械があって、これを時々握っています。小指の握力がとても弱いので、本来力点として一番パワーがかかるべきデバイスの後端に力が加わりにくいのだと思ってます。

私は3歳でピアノを始め、大学受験を控えた18歳まで続けていたのですが、ピアノにとっても小指は大変重要でした。一番高音のメロディーを聞かせたいところを右手の小指が担うことが多く、静かにコントロールすべき低音を左の小指が担うのです。

地道に鍛えるしかありません。もちろん握力が必要な場面は手術全体のごく一部ですが、重要な局面であることには違いなく、いつもフルパワーで頑張っております。

以前消化器外科学会で「外科医の手プロジェクト」といって外科医の手の大きさや握力などを測定してデータを取っていましたが、その後どうなったのでしょうか。。。誰か、力のいらないデバイスを開発してくれないものでしょうか。

コメント(1)

3月 22 2012

第10回かもがわ漢方研究会

Published by under 会の活動,漢方

第10回かもがわ漢方研究会のご案内です。

平成24年5月12日(土)14:00~16:00
京都大学薬学部本館1Fマルチメディア講義室

講演:五臓六腑の鑑となる皮膚疾患
~患者さんの思い込みから皮膚科医は何を読み取るのか~
~漢方の有用な症例を交えて~

医療法人佐々木皮膚科 院長・理事長
岩手医科大学皮膚科学講座 非常勤講師 佐々木豪先生

特別講義:薬草園見学 ~薬用植物に触れてみよう!!~
京都大学大学院薬学研究科 薬品資源学分野 准教授 伊藤美千穂先生

特別講義では実際に薬草園を見学して漢方薬について理解を深めます。
当日は歩きやすい服装・シューズで参加をお願い致します。又各自虫除け対策をお願い致します。

※薬学部の駐車場が使用できなくなりました。

共催:NPO法人京都の医療を考える若手医師の会/株式会社ツムラ

薬草園見学は昨年大盛況でした。伊藤先生の詳しい解説が絶妙です!

コメント(0)

3月 11 2012

3月11日

Published by under 未分類

東日本大震災から1年が過ぎました。

京都では平和に京都マラソンが開催され、我が家の前を大勢のランナーが走っていきました。子どものスイミングスクールからの帰り、ちょうど交通規制にあって遠回りを余儀なくされました。

まったく平穏な日常です。震災の被害にあわれた方々には申し訳ないくらいです。震災発生時刻の午後2時46分は子どもたちの昼寝の時間で、子どもたちを寝かしつけながら子どもたちの寝顔を横目に眺めながら過ごしました。

当たり前の日常が本当にありがたいということを再認識いたしました。自分の職務を全うすることで少しでも社会に貢献し、またこれからの日本を支えていくべき子どもたちの養育に今まで以上に心を配ろうと気を引き締めました。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。御霊の安寧のために自分にできることを続けていこうと思います。

コメント(0)

3月 10 2012

確定申告

Published by under 未分類

確定申告に行ってきました。司会料や講演料、そのほかバイト料も含めて複数のところから収入があったので確定申告をしなければならなかったのです。

夫の方が収入が多いので、医療費控除を夫のほうにつけ、私のほうは私の収入だけで計算すると追加で4万円ほど納税しなければならないことがわかりました。

がっくり。税務署でさっそく支払ってきました。

納税というのはおもしろいもので、私の場合は「大越」姓と戸籍上の姓の両方の源泉徴収票が混在しているのですが、税務署は何もクレームをつけてきません。大学はどうも細かいことに厳しいので、給与支払いに関しては戸籍上の姓である○○(つまり夫の姓)で支払うことを強制してくるのですが、たいていのところは「大越」で通るので源泉徴収票も「大越香江」で郵送されてきます。それらをまとめて計算して税金を支払っています。

たぶん、○○の分と大越の分の金額を合算して税金を計算すると別々に申告するよりも税率が高くなって金額が大きくなるので、税務署的には私の名前などには興味がないのだと思います。つまり、支払うべき金額を粛々と支払っていればよいのだと思います。厳密にはもっと厳しくチェックしているところもあるのかもしれませんが、ここ数年私に関しては何も問題なく納税できております。

国民総背番号制になるとこういうファジーなことはなくなるのかもしれませんが。。。

私が働くためには、少なくとも時間外労働分にはベビーシッター費用という「経費」がかかるのですが、そのへんは経費として認められないのかとふと思うことがあります。働くための出費がかなり多いので、収入はあっても手元に残るのはごくわずかになってしまい、その点、税金ももうすこしご考慮いただけたらなあ、と考えるのですが、こういうのはやはり贅沢な主張なのでしょうか。

コメント(0)

Next »